アニメ&ゲーム カテゴリ

『タッチ』南役・日高のり子が甲子園に 高校野球とあだち充作品の共通点は「繊細でユーモラスで優しい」

 不朽の名作『タッチ』の舞台であった明青学園の約30年後を描いたアニメ『MIX』(毎週土曜、後5:30)にて、ナレーションと子パンチ役を担当する声優の日高のり子が、熱戦が続く甲子園を訪れた。令和初の開催で大いに盛り上がる第101回目の『全国高校野球選手権大会』(夏の甲子園)を観戦。球児たちの勇姿に熱いエールを送ると共に、あだち充作品の魅力などについて熱く語った。

 大会4日目に日高が観戦したのは第2試合。優勝候補の一角である強豪の仙台育英(宮城)と、春夏を通して大会初出場となる飯山(長野)との試合。試合開始を告げるサイレンが球場全体に鳴り響き、グラウンドに勢いよく飛び出す両チームの球児たちの姿に、日高は「凛々しくて、カッコいい!」と声をあげ、一気に観戦モードに。甲子園の常連校らしく堂々とした仙台育英の応援団と、初々しく力強い飯山の応援団の様子にも目を向け、「がんばっている姿が、まさに青春!」と甲子園特有のムードにも感動した様子をだった。

 試合は開始直後から仙台育英の猛攻が続き、飯山は何度もピンチを迎えた。1回にランナー一塁、二塁となり、2回には一塁走者の盗塁を阻止しようとしたキャッチャーの送球がエラーに。失点こそ免れたものの、初出場のプレッシャーから思うようなプレーができない飯山の球児たちの姿に、日高はかつて『タッチ』のラストシーンのアフレコで起きた出来事について話した。

 「普段のアフレコでは、いくらプロの声優とはいえ、やはりミスは付き物でした。私も新人同然だったので、例外ではありません。でも、ラストシーンだけは違ったんです。これまで、がんばってきたという思いを結集させて、みんなの気持ちが1つになったのを感じたんです。すると、これまでとは打って変わって、誰ひとりとしてミスをせず、無事に録り終えることができました。これを、奇跡と言うのかなと今になって思います(笑)。だから、飯山のみなさんもこのピンチでものにして、気持ちを1つにすれば…」。そう日高が語り終えた後、まさに目の前で奇跡が起きる。仙台育英の猛攻をしのぐのに手一杯の様子だった飯山が粘り強さを発揮し、出塁したチャンスをものにして、1本のヒットで先制点を勝ち取った。

 終始「どちらのチームにも悔いなくがんばってほしい」とエールを送っていた日高だが、強敵の仙台育英に果敢に挑み続ける飯山の姿に思わず、「どうしても、『MIX』の明青学園の活躍と重なるので、応援したくなりますね」とぽつり。この思わぬ奇跡が、まさかのドラマチックな展開に発展すると思われたが、春夏を通じて28回もの甲子園出場経験を持つ仙台育英の壁は厚かった。絶対的な強さを見せつけ、猛反撃。20対1で仙台育英の大勝で試合終了を迎えた。

 終了直後、日高はこの結果を受け、高校野球に感じた魅力について熱く語った。「やっぱり、何年間も『甲子園に出たい!』って、純粋な気持ちでがんばってきた球児たちが、全ての思いをかけて試合をする姿は、青春そのものですよね。だから、負けるとかわいそうなのだけど…。例えば、きょうの試合で、飯山の投手がピンチで交代したとき、新たにマウンドに立った彼の心の声が聞こえてきそうでした。『絶対に、打たせないぞ!』って。そこが面白くて、引き込まれていくんでしょうね」。

 また、日高は、その高校野球の魅力と、あだち充作品の共通点について「あだち先生の作品は、何より繊細で、ユーモラスで、優しい。それって、高校野球の魅力ですよね。あだち先生は、その魅力を忠実に再現しているのだと思うんです。だから、『タッチ』にしろ、『MIX』にしろ、人の心に触れる普遍的な面白さを描いているから、時代を越えても愛されているのかな」と話した。「もし、あだち先生がこの試合を見たら、どんな風に描くのだろう? すごく興味があります」と話すほど、高校野球の面白さに魅了された日高。そして、明日以降も続く、甲子園での熱戦に臨む球児たちに「だれもが悔いなく、一生懸命に。いつでも全力で試合に立ち向かってほしいです」と、応援の言葉を送った。

 日高は『タッチ』のヒロイン朝倉南役も務めている。南が上杉達也に言った「甲子園つれてって」というせりふは超有名。

関連写真

  • 甲子園を観戦した日高のり子 (C)あだち充・小学館/読売テレビ・ShoPro
  • 甲子園を観戦した日高のり子 (C)あだち充・小学館/読売テレビ・ShoPro
  • 甲子園を観戦した日高のり子 (C)あだち充・小学館/読売テレビ・ShoPro

オリコントピックス