• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 「男性から『ムキムキすぎ』と引かれても気にしない」 美人インストラクターが美ボディ披露

「男性から『ムキムキすぎ』と引かれても気にしない」 美人インストラクターが美ボディ披露

 『サマースタイルアワード(以下SSA)』の決勝大会が4日、東京・江戸川区総合文化センターで開催された。

【写真】その他の写真を見る


 今大会には、3月から7月にかけて、東京、名古屋、横浜、福岡、大阪、東北、広島の7ヵ所で行われた予選大会で上位に入賞した延べ190名が参加。スタイル・身長別に6部門11クラスに分かれ、日本一の座を競い合った。

 14名の美筋美女が参戦した「ビキニモデル」部門のトール(身長163cm〜)クラスで、ファイナリストに選ばれた樫本琴美さんは、大阪在住の23歳。現在、フィットネスのインストラクターとして働いているという。6月に行われたSSA広島予選大会に初出場し、2位入賞。決勝大会への切符を手に入れた。

 トレーニングを始めたきっかけについて、樫本さんは「ダイエット」だと振り返る。

 「陸上部に所属していた高校時代までは、いくら食べても太ることを知らなかったのに、専門学校に進学して運動しなくなった途端、8キロも太ってしまって…。『このままじゃまずい』と思って、趣味も兼ねてトレーニングするようになったんです」

 ジム通いを始めて1年半ほどで5キロ減量に成功。数字的にはプラスのままだったが、以前とは全く違う引き締まったメリハリボディに変わったことで、トレーニングの成果を実感したそうだ。

 「体型が変わると気持ち的にも前向きになるし、何をやっても楽しいと思えるようになりました」

 そんな樫本さんの自慢のパーツは、背中と肩だ。「自分では『今がベストな体型』だと思っていても、男性からすると『ちょっとムキムキすぎない?』って、引かれちゃうこともある。でも、それって好みの問題だと思うので、私は別に気にしないです。ちなみに、私自身はマッチョな男性が好きなので、お付き合いするならマッチョな方がいいですね」

 今後の目標について樫本さんは、筋量がより必要な「ベティ」部門出場を目指すと語る。

 「SSAは一番出たかった大会なので、決勝大会の舞台に立てただけで感動しました。残念ながら今回は上位入賞できなかったけれど、1位を取るまではやり続けようと決めています。来シーズンは『ベティ』部門にステップアップして、より高みを目指したいと思います」

関連写真

  • 『SUMMER STYLE AWARD 2019 決勝大会』ビキニモデル部門ファイナリスト・樫本琴美さん 撮影/徳永徹 (C)oricon ME inc.
  • 『SUMMER STYLE AWARD 2019 決勝大会』ビキニモデル部門ファイナリスト・樫本琴美さん 撮影/徳永徹 (C)oricon ME inc.
  • 『SUMMER STYLE AWARD 2019 決勝大会』ビキニモデル部門ファイナリスト・樫本琴美さん 撮影/徳永徹 (C)oricon ME inc.
  • 『SUMMER STYLE AWARD 2019 決勝大会』ビキニモデル部門ファイナリスト・樫本琴美さん 撮影/徳永徹 (C)oricon ME inc.
  • 『SUMMER STYLE AWARD 2019 決勝大会』ビキニモデル部門ファイナリスト・樫本琴美さん 撮影/徳永徹 (C)oricon ME inc.

オリコントピックス