• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 「就職してもトレーニングは続けていきたい」 現役女子大生が美ボディ大会決勝で3位入賞

「就職してもトレーニングは続けていきたい」 現役女子大生が美ボディ大会決勝で3位入賞

 “日本一、夏が似合う男女“を決定する健康美コンテスト『サマースタイルアワード(以下SSA)』の決勝大会が4日、東京・江戸川区総合文化センターで開催された。東京、名古屋、横浜、福岡、大阪、東北、広島の7ヵ所で行われた予選大会の上位入賞者達が、グランプリを競い合った。

【写真】その他の写真を見る


 女性らしいシルエットと筋量がバランス良く評価される「ビキニモデル」部門のトール(身長163cm〜)クラスで、ファイナリストに選ばれた石倉梨央さんは、現役の女子大生。体育大学で、健康とスポーツについて学んでいるという。また地元のジムでインストラクターのアルバイトをしながら大会出場を目指し、今年の2月から本格的なトレーニングを始めたそうだ。

 「もともと下半身、とくに太ももが太いのが気になっていたのですが、1〜2ヵ月続けていると自分のなりたい体に近づいていく。やればやっただけ、結果が目に見えて分かるところが、トレーニングの魅力だと思っています」

 そんな石倉さんのデビュー戦は、4月に開催された横浜大会だ。結果は「ちょっと悔しい」3位。それから肩を重点的に鍛え、今では一番自信のあるパーツになったという。

 「パーソナル(トレーニング)は週1回。あと6日間は、ひとりでトレーニングしていたのですが、自力でどこまで追い込むことができるか、常に自分自身と戦わなきゃいけないところが辛かったですね」

 パーソナルトレーニングをはじめ、フィットネスに関する費用はすべてバイトで捻出したという石倉さん。「学校とバイトとトレーニングで、毎日カツカツでした…」と当時を振り返った。

 だが石倉さんの努力は、功を奏している。決勝の大舞台には、バイトの日数を増やして手に入れた大好きなブルー色のビキニで臨み、激戦の末、3位入賞を果たした。

 「トレーニング歴もまだまだ浅いし、自分がどこまでできるか分からなかったけれど、決勝大会でトップ3まで残れたことはすごく嬉しかったし、自信もつきましたね。今、一番食べたいのは、和菓子。お団子とかあんことか、和菓子がめちゃめちゃ好きなんですが、食べ出すと止まらないので(笑)。また応援してくれた友人や彼氏と一緒に、おいしい物をたくさん食べたり、お出かけしたいですね」

 来春から新社会人として一般企業へ就職することが決まっている石倉さん。大会出場は、今年いっぱいの予定だ。

 「年内もまだいろんな大会があるので、タイミングが合えば出てみようかなと思ってはいます。もともとベティクラスにあこがれて大会出場を目指したので。就職してもトレーニングは続けていき、いつかベティクラスに出場できるような体を目指したいです」

関連写真

  • 『SUMMER STYLE AWARD 2019 決勝大会』ビキニモデル部門3位・石倉梨央さん 撮影/徳永徹 (C)oricon ME inc.
  • 『SUMMER STYLE AWARD 2019 決勝大会』ビキニモデル部門3位・石倉梨央さん 撮影/徳永徹 (C)oricon ME inc.
  • 『SUMMER STYLE AWARD 2019 決勝大会』ビキニモデル部門3位・石倉梨央さん 撮影/徳永徹 (C)oricon ME inc.
  • 『SUMMER STYLE AWARD 2019 決勝大会』ビキニモデル部門3位・石倉梨央さん 撮影/徳永徹 (C)oricon ME inc.
  • 『SUMMER STYLE AWARD 2019 決勝大会』ビキニモデル部門3位・石倉梨央さん 撮影/徳永徹 (C)oricon ME inc.

オリコントピックス