アニメ&ゲーム カテゴリ

『マガジン』17日発売号は22年ぶりの映画表紙に 『天気の子』総力特集

 新海誠監督の最新作『天気の子』の総力特集が、17日発売の『週刊少年マガジン』(講談社)33号に掲載されることが、10日発売の同誌32号の次号予告で発表された。同誌にとって『もののけ姫』以来、22年ぶりのアニメ映画表紙となる。

【写真】その他の写真を見る


 17日の発売号では、巻頭カラー20ページがすべて『天気の子』特集となる予定で、同誌にとってこのような形で特集が組まれることは異例のこと。企画の詳細は明らかにされていないが、同作で『君の名は。』に続き音楽すべてを担当するRADWIMPSや、約2000人のオーディションを勝ち抜いた新人俳優の醍醐虎汰朗森七菜、その2人の脇を固める小栗旬、本田翼と豪華な布陣が発表され期待が高まる同作の総力特集に期待が高まる。

 『天気の子』は、天候の調和が狂っていく時代に、運命に翻ろうされる少年と少女が自らの生き方を「選択」する物語。雨が降り続いたり、雨が上がって雲の切れ間から太陽の光が差し込んだり、新海監督の真骨頂ともいえる緻密で美しい空・雲・光の描写にも注目が集まっている。

関連写真

  • 『週刊少年マガジン』32号の表紙 (C)講談社

オリコントピックス