【THE MUSIC DAY】AKB48、乃木坂46と共演で“違い”に興奮「リハーサルからいい匂い」

 人気グループ・AKB48が、きょう6日の午後1時30から午後10時54分まで約9時間半にわたって千葉・幕張メッセより生放送される日本テレビ系夏の大型音楽特番『THE MUSIC DAY〜時代〜』に出演した。『アイドルメドレー』で、乃木坂46と共演を果たした総監督の向井地美音は「リハーサルからいい匂いがした」と興奮気味に感想を伝えた。

 乃木坂とのコラボについて「緊張した」と声を揃える一同。大家志津香は「誰も見劣りしなかった。みんな可愛かった」と褒めるも、向井地は「AKBはこんなにいい匂いしない」とその違いを断言。柏木由紀は「AKBはリハからめっちゃ汗だく…乃木坂のみんなはそのまま本番出れるほどきれい。テッシュで汗めっちゃ拭きました…」と反省していた。

 この後は会場にて『1億超えメドレー』で大ヒット曲「ヘビーローテーション」を披露予定。大島優子のポジションを務める向井地は「生放送や地上波のセンターは初めてなので、緊張するんですけど頑張りたい」といい、岡田奈々は「前田敦子さんのポジションを演らせていただけるので、一生懸命頑張ります!」と意気込み。岡部麟は「憧れの小嶋陽菜さんの衣装を着させていただいたので、笑顔とニヤニヤを間違えないように頑張りたいと思います」と喜んだ。

 今では数少ない「ヘビロテ」のオリジナルメンバーである柏木由紀だが「まゆゆ(渡辺麻友)のポジションに入る。自分の衣装があるのに、まゆゆの衣装を着てる」と報告。本人には「言ってないんです。ほとんど返事帰ってこない…終わってから連絡します」と肩を落としつつ、「自分的にはしっくり。着心地はばっちりです」と満足げに微笑んだ。

オリコントピックス

メニューを閉じる