アニメ&ゲーム カテゴリ

『映像研には手を出すな!』2020年1月から総合テレビで放送予定 最新PV公開

 3人の女子高校生がアニメ制作に挑む青春冒険ストーリー『映像研には手を出すな!』が、NHK総合テレビで2020年1月から放送予定であることが発表された。『おそ松さん』のキャラクターデザインを担当した、浅野直之氏によるティザービジュアルとPV第2弾も公開された。

 2016年から『月刊!スピリッツ』(小学館)にて連載され、ブロスコミックアワード2017大賞/俺マン2017第1位/マンガ大賞2018 ノミネートなど数々のアワードを獲得した、大童澄瞳氏の話題作が原作。

 PV第2弾が解禁されたのは、現在、米ロサンゼルスで行われている『Anime Expo2019!!』WARNER BROS. JAPANパネル内で、ワールドプレミア上映が行われた。約3000人が収容できるメインホールでの解禁となり、舞台となる公立ダンジョン芝浜高校や生き生きと動き出したメインキャラの映像を見て、湯浅政明監督の最新テレビシリーズへの期待で米国でも大きな盛り上がりを見せた。

 高校1年生の浅草みどりは、アニメーションは「設定が命」と力説するほどのアニメ好き。スケッチブックにさまざまなアイデアを描き貯めながらも、1人では行動できないとアニメ制作への一歩を踏み出せずにいた。そんな浅草の才能に、プロデューサー気質の金森さやかはいち早く気づいていた。

 さらに、同級生でカリスマ読者モデルの水崎ツバメが、実はアニメーター志望であることが判明し、3人は脳内にある「最強の世界」を表現すべく映像研を設立することに。

 『DEVILMAN crybaby』(2018年)や『きみと、波にのれたら』(6月21日より公開中)、『SUPER SHIRO』(現在制作中)と注目作を次々を送り出している湯浅監督。自身のテレビシリーズの制作は、『ピンポン the Animation』(14年)以来5年ぶりとなる。アニメーション制作はスタジオ「サイエンスSARU」。キャラクターデザインは浅野氏、音楽はオオルタイチが加わり“最強の世界”が動き出す。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」

オリコントピックス