米津玄師 「Lemon」上半期ランキング25冠 大塚国際美術館でスペシャル陶板特別展示

 シンガー・ソングライターの米津玄師が2018年3月にリリースしたシングル「Lemon」が、2019年上半期ランキング、アーティストランキングと合わせて計25冠を達成した。

 TBS金曜ドラマ『アンナチュラル』の主題歌として書き下された「Lemon」は、2018年の上半期ランキング、年間ランキングを席巻。その勢いは2019年もおとろえることをしらず、「オリコン上半期デジタルシングル(単曲)ランキング」をはじめとする、さまざまな楽曲及びアーティストランキングで1位を獲得し、全25冠を達成。ミュージックビデオも、日本人アーティストとして初の4億再生を突破し、今もなおその記録を更新し続けている。

 広がり続ける「Lemon」に対し米津は、「ありがたいことです。とっくの昔に自分の想像を飛び越えた曲になっていましたが、一体どこまでいくんだろうか、と興味深く感じています。自分の曲という意識はもうほとんどありません。末長くみんなに愛される曲になっていってほしいです」とコメント。

 また、「多くの方々からLemonを大切に育てて頂いた事への感謝の形」として、米津自身がイラストを描いたジャケットそのままに、特大サイズの「Lemon」スペシャル陶板を製作。昨年末の『第69回NHK紅白歌合戦』でパフォーマンスを披露した米津の出身地である徳島県の「大塚国際美術館」システィーナ・ホールで7月30日から特別展示される。

※初出時、展示開始日の記載に誤りがありました。お詫びして訂正いたします

関連写真

  • 米津玄師 photo by 山田智和
  • 米津玄師 「Lemon」ジャケット
  • 特大サイズの「Lemon」スペシャル陶板が展示される大塚国際美術館システィーナホール

オリコントピックス

メニューを閉じる