SKE48北川綾巴が卒業発表 センター経験ありのチームリーダー

 アイドルグループ・SKE48のチームSリーダーでセンター経験もある北川綾巴(きたがわ・りょうは、20)が2日、名古屋・栄のSKE48劇場で行われたチームS『重ねた足跡』公演でグループからの卒業を発表した。9月30日が最終活動日となる。

 公演終盤、「私、北川綾巴はSKE48を卒業します」と宣言。会場が「エー!?」とどよめくなか、「20歳の節目の年ということもあり、自分の人生に悔いなく生きていきたいと思って決断しました」と説明した。

 卒業後については「まだ詳しくは決まっていないんですけど、夢のモデルやファッションのお仕事とかができたら」と語り、今年2月には出身地の愛知県知立市から同市のPRを行う「知立市&ちりゅっぴPR部長」に任命されていることから「出身の知立をもっと盛り上げていけるように頑張っていきたいと思います」と宣言した。

 2012年10月に6期生オーディションに合格した北川は13年7月、AKB48グループの研究生選抜ユニット「てんとうむChu!」に選ばれ、フジテレビの深夜ドラマ『女子高警察』に出演するなどしたホープ。16thシングル「12月のカンガルー」(14年12月発売)では宮前杏実とのWセンターに抜てきされ、松井珠理奈松井玲奈のW松井以外で初めてセンターを務めた。

 15年3月〜18年5月にかけてはAKB48チーム4と兼任したことも。17年2月にはチームSリーダーに任命された。AKB48選抜総選挙には第5回から参加し、圏外→圏外→66位→64位→64位→27位。今月24日発売の25thシングル「FRUSTRATION」の選抜メンバーから外れており、ファンからは心配する声が上がっていた。

オリコントピックス

メニューを閉じる