• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • ロンブー田村淳、闇営業問題に持論 ウソついた宮迫&亮とそれ以外の若手は「分けるべき」

ロンブー田村淳、闇営業問題に持論 ウソついた宮迫&亮とそれ以外の若手は「分けるべき」

 お笑いコンビ・ロンドンブーツ1号2号田村淳が、29日放送のラジオ『ロンドンブーツ1号2号田村淳のNews CLUB』(文化放送・毎週土曜 後1:00)に生出演。“闇営業問題”で活動停止の謹慎処分となった相方・田村亮(47)について「世間をお騒がせして、ファンやスタッフの方にご心配をおかけして、申し訳ないと思っています」と謝罪した。

 闇営業問題について語りたいと切り出した淳は、謹慎となった芸人たちの謝罪文を見て感じたこととして「どこに対して謝っているのかが、きちんと見えていなくて。反社会勢力が悪いことをして稼いだお金からギャラが支払われていて、その被害者の方への謝罪がないことにすごい違和感を覚えて。それがないのに何が反省なんだと思って」と考えを吐露。

 続けて「反社会勢力からギャラをもらったにもかかわらず、保身のために『もらっていない』とウソをついたことを謝罪しないといけない」と語り、「ウソを発信したのは宮迫(博之)さんと亮さんだけで、一緒に謹慎したガリットチュウの福島(善成)やHGなどは自分たちから『もらってない』とは言ってない。先輩がもらってないって言うから、言い出せなかったという苦しみはわかる。その後にも出てきた後輩芸人も含めて、あの2人と一緒に“ウソつき扱い”されてるのはどうかと思う。ウソをついている人と、何も言ってない人を分けてあげないと、腑に落ちない」と持論を語った。

 また「お金をどうやって返金するのか、もらったままなら税処理をどうするのか。明言されていないから、反省のスタートラインにも立っていないという印象」と指摘。「相方だから亮を守れよって言われるけど、僕は守りたいからこそ正直に全部言って、何をどう反省するかをきちんとお伝えしないと、世間のみなさんが納得してくれないと思う」と謹慎中の相方への思いを伝えた。

 吉本興業が亮を含めた11人の芸人の謹慎を発表した24日の深夜、淳は自身のツイッターで「実はギャラをもらってましたと…亮から聞かされました…ショックでした…知らなかったとは言え、詐欺集団のパーティーに出て、被害者から騙し取ったお金で支払われたギャラを受け取っておきながら、返金もせず嘘をついて、このままで平気なのか! おまえを軽蔑する! 世間の皆様、所属事務所、番組のスタッフにも正直に全てを話すべきだ! 怒りに任せて言いました」と、亮とやりとりしたことを報告。

 「自分の保身の為に正直に言えずに苦しんでたのは電話越しにも伝わってきたけれど…騙されてる人達の方が、おまえの何倍も苦しいよ! 昔の正直者で真っ直ぐなところがなくなったらもう亮じゃない!と叱責しました。相方に嘘をつかれた事が本当にショックでした」と胸中を告白。そのうえで「今回、遅くなりましたが、金銭の授受を認めて謹慎する事になりました…皆様、どうか亮に厳しい目を向けて下さい! 反省してるかどうか? 行動、言動、全てに厳しい目を向けて下さい。僕も誰よりも厳しい目を向けたいと思います」と呼びかけ「最後の1人になっても厳しい目を向け続けたいと思います。そして、しっかりと反省した亮とまたコンビの活動を続けられたらと思います」と思いをつづった。

オリコントピックス

 を検索