• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 宮迫博之ら芸人11名、当面活動停止 吉本が謹慎発表 闇営業で「一定の金銭を受領していた」

宮迫博之ら芸人11名、当面活動停止 吉本が謹慎発表 闇営業で「一定の金銭を受領していた」

 吉本興業は24日、お笑いコンビ・雨上がり決死隊宮迫博之(49)ら芸人11名を当面の間、活動停止の謹慎処分とすることを発表した。宮迫らは詐欺グループの催しに事務所を通さない“闇営業”で参加し問題となっているが、これまで本人たちが否定してきたギャラの受け取りについて「一定の金銭を受領していた」ことが認められ、処分に至った。

 処分が発表されたのは宮迫の他にロンドンブーツ1号2号田村亮(47)、レイザーラモンHG(43)、ガリットチュウ福島善成(41)、くまだまさし(45)、ザ・パンチのパンチ浜崎(38)、ムーディ勝山(39)、天津木村卓寛(43)、2700八十島宏行(35)と常道裕史(36)、ストロベビーのディエゴ(41)ら11人。

 吉本は「本件は、5年ほど前に、上記芸人が特殊詐欺グループとされる反社会的勢力主催の会合へ参加していたとするものです。弊社が、複数回にわたり、該当タレントへのヒアリングや各自の記憶の整理、確認を丁寧に行った結果、該当する芸人において、反社会的勢力主催の会合であるとの認識はなく、また、報じられていたような金額ではありませんでしたが、会合への参加により一定の金銭を受領していたことが認められました」と調査結果を報告。

 また「弊社は、日頃より所属芸人・タレント、及び、社員に向けたコンプライアンス研修を通じ、コンプライアンス遵守や意識の向上を徹底してまいりました。弊社にとって、今回の事実確認結果は、重大な問題であると考え、今回の処分に至り、弊社としてもその責任を痛感するものであります」と処分の背景を伝えている。

 宮迫は書面を通じて「この度は世間の皆様、関係者の皆様、並びに番組・スポンサーの皆様に大変なご迷惑をおかけし申し訳ございません。そういった場所へ足を運んでしまい、間接的ではありますが、金銭を受領していたことを深く反省しております」とコメント。

 また、「相手が反社会勢力だったということは、今回の報道で初めて知ったことであり、断じて繋がっていたという事実はないことはご理解いただきたいです。詐欺集団、そのパーティーに出演し盛り上げている自身の動画を目の当たりにして、情けなく、気づけなかった自身の認識の甘さに反省しかございません」と釈明している。

オリコントピックス