アニメ&ゲーム カテゴリ

19日発売の『週刊少年マガジン』(講談社)29号で、新連載『線は、僕を描く』(原作:砥上裕將、漫画:堀内厚徳)がスタートした。水墨画に魅了された大学生の物語が展開されている。 同作は、砥上氏の小説『線は、僕を描く』が原作で水墨画監修としても参加。両親を交通事故で失い喪失感の中にあった大学生の青山霜介は、アルバイト先の展覧会場で水墨画の巨匠・篠田湖山と出会う。なぜか湖山に気にいられ、その場で内弟子にされてしまう霜介だったが、湖山の孫・千瑛は反発し、翌年の「湖山賞」をかけての勝負することに。線を引くことで、人と関わることで、大きな喪失感の中で生きていた霜介の世界が、静かに少しずつ輪郭を取り戻していくストーリー。

この記事の画像

  • 『週刊少年マガジン』で連載がスタートした『線は、僕を描く』 (C)講談社
  • 『週刊少年マガジン』で連載がスタートした『線は、僕を描く』 (C)講談社

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

>

 を検索