• ORICON MUSIC
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • Sexy Zone菊池風磨、“秘湯ロケ”で筋肉美披露 IKKOも大興奮「体温が上がってきた!」

Sexy Zone菊池風磨、“秘湯ロケ”で筋肉美披露 IKKOも大興奮「体温が上がってきた!」

 人気グループ・Sexy Zone菊池風磨が、2日放送のフジテレビ系バラエティー『アオハルTV』(毎週日曜 後9:00)の日本全国の秘湯を探す『アオハル秘湯調査隊』第2弾ロケに参加。江戸時代には多くの人でにぎわったものの、約100年前にこつぜんと消えてしまった福島県猪苗代にある中ノ沢沼尻温泉を目指して、筋肉芸人・庄司智春(品川庄司)と“秘湯ハンター”の大原さんとともに、福島の名峰・標高1699メートルの安達太良山(あだたらやま)へ。秘湯ロケということで前回に続き、今回も菊池は見事な筋肉美を披露する。

【写真】その他の写真を見る


 崖の上にある一部が腐食した歩幅わずか15センチの極細橋を渡り、険しい道の先にやってきた第一の秘湯ポイントは、高さ50メートルの岩壁から豪快に温泉が流れ落ちる『白糸の滝』。命がけで崖を降りないといけないため「あー、やだ!やだ!」と、IKKO風の声で弱音を吐きまくる菊池は、やっとの思いでたどり着くと、そこにある絶景に心躍らせる。

 さっそく入湯するために服を脱いだ菊池に庄司は「いい体してるね」と感心。続いて素肌をさらす庄司に菊池は「来た!レジェンド!」と称賛の声をかけるなど、お互いの筋肉を褒め合う。温泉に入る前から上機嫌のふたりだが「せーの」で足を入れると大絶叫。果たしてその理由とは…。

 さらに、目的地の“幻の秘湯”を目指し、再び険しい道を進む3人。明治時代の坑道が残る洞窟を抜け、江戸時代ににぎわった温泉街の跡を発見。そこは地熱が高すぎて草木も生えない“地獄地帯”で、異様な雰囲気が漂っていた。強烈な硫黄の匂いもするため、3人は安全を考慮しガスマスクを着用。生物の気配がまったくしない岩場を抜けると、出発から5時間、ついに消えた温泉街の源泉「中ノ沢沼尻温泉」に到着する。

 「自分で温泉を作るんだよ」と大原さんに言われ、岩を運び湯船を作り、快適な温度にするために横に流れる川と源泉を混ぜ合わせることに。すると、神秘的な現象が起こり、温泉の色にも変化が生まれる。山奥の秘湯ならではのぜいたくな経験に菊池は「もうちょっと入りたい」と大満足。最後は、温泉にたまっていた湯の花で筋肉のお手入れ。菊池と庄司は自らの上半身に湯の花を塗って、「(筋肉が)すごい喜んでる!」と言いながら、胸筋をピクピクさせて“筋肉芸”を披露する場面も…。

 スタジオで様子を見ていたゲストの高嶋政宏は「(湯の花を)全身塗りたくってあげたいですね」と意味深に語り、IKKOも「筋肉を見てたら体温が上がってきた!」と興奮気味。「どっちが好みですか?」と高嶋が聞くと「彼(菊池)、いいですねぇ」とIKKOが答え、怪しい会話で盛り上がる2人だった。

関連写真

  • 2日放送の『アオハルTV』で肉体美を披露するSexy Zoneの菊池風磨 (C)フジテレビ
  • 2日放送の『アオハルTV』スタジオ出演するヒロミ(C)フジテレビ
  • 2日放送の『アオハルTV』スタジオ出演する(上段)カミナリ、下段左から)ヒロミ、嶋政宏、ビビる大木(C)フジテレビ

オリコントピックス