アニメ&ゲーム カテゴリ

『銀魂』“三度目の正直”再び完結に向け連載再開 公式アプリ配信で「本当に本当で本当の最終回へ」

 『週刊少年ジャンプ』『少年ジャンプGIGA』で最終回を迎えられなかった空知英秋氏の漫画『銀魂』が13日、三度(みたび)完結に向けて漫画アプリ『銀魂公式アプリ』で連載を再開させた。「本当に本当で本当の最終回へ連載再開!!」として、第1回の配信では、主人公の銀時、高杉、虚の最終決戦…、その因縁の結末へと向かうストーリーが29ページで描かれている。

【写真】その他の写真を見る


 同作は昨年9月に『週刊少年ジャンプ』で完結できず、12月より完結に向けて『少年ジャンプ GIGA 2019 WINTER』で連載をしていたが、今年3月完結できなかったことを発表し「完結できず申し訳ありません」と謝罪。銀時が土下座している姿が描かれた担当編集のお詫びページが掲載され、異例の事態に話題となっていた。

 完結できなかった理由について担当編集は「『あ、これ3号目までで完結しないやつじゃね?』と気付いたのは1号目の原稿待機中。DB(ドラゴンボール)パロディが6ページ分だったのを見た時です」と明かし「2号目の原稿を待つために15時間滞在する機会があったので、その間に先生と話し合いをしました」と告白。

 「結果、『銀魂』という物語の終結を、きっちりと描いて頂くことを最優先するため、『アプリ配信』という形をとらせて頂くことになりました。最後の最後の最後までお付き合い頂ければ幸いです」と空知氏と相談した結果、物語の続きは銀魂公式アプリで掲載することを報告していた。

 その際、完結しないことが発表されるとネット上では「結局完結しないんか、あまりにも銀魂らしいな」「(完結)しますします詐欺w」「銀魂、ジャンプGIGAでも相変わらず完結してなくて笑った」などの声があがっていた。

 そして今回、告知通りに公式アプリで連載が再開され、きょう13日発売の『週刊少年ジャンプ』24号では、「銀魂 本当に本当で本当の最終回へ連載再開!!」と呼びかけたページが掲載。「そして更なる発表も準備中!!」と伝えており、公式アプリでの第2回配信が27日に予定されている。

 『銀魂』は、架空の江戸を舞台に繰り広げられる活劇物語で作者・空知氏の初連載作品。「天人」と呼ばれる異星人らによって支配される世界で、甘党&無鉄砲な侍・坂田銀時が、新八、神楽ら仲間たちとともに万事屋に持ち込まれたさまざまな事件を解決する。コミックスは現在76巻まで発売。テレビ東京系でのアニメ化や、俳優・小栗旬主演で実写映画も公開された。

関連写真

  • 『銀魂』の連載再開が告知されたページ=『週刊少年ジャンプ』24号 (C)空知英秋/集英社
  • 新連載『サムライ8 八丸伝』がスタートした『週刊少年ジャンプ』24号の表紙 (C)週刊少年ジャンプ2019年24号/集英社

オリコントピックス

 を検索