アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 松本零士氏、同年代漫画家の相次ぐ死を悼む「永遠の旅に立たれて…」

松本零士氏、同年代漫画家の相次ぐ死を悼む「永遠の旅に立たれて…」

 漫画家の松本零士氏(81)が20日、東京・明治座で行われた舞台『銀河鉄道999 さよならメーテル〜僕の永遠』公開ゲネプロ後の囲み取材に出席。11日に81歳で亡くなった『ルパン三世』原作者の漫画家モンキー・パンチ(本名:加藤一彦)さんを偲び、「本当に友達でしたからね。みんな頑張れってやってきて、1人減り、2人減り…」と悼んだ。

【写真】その他の写真を見る


 17日には作家・漫画家の小池一夫さんが肺炎で亡くなるなど、同年代の仲間の旅立ちが相次いでいる。「小学生の頃に終戦を迎えて、いろんなものを書く人間として登場したのも、ほぼ同年代で、ほとんど同じ体験をしている世代ですから。永遠の旅に立たれてしまうのはさみしいです」と追悼。「だから、みんなしっかり食べて頑張ろうって言っているんです。彼らも飛んでいると思いますから(自分は)まだ旅をしていたいなと思います」と天を仰いだ。

 『銀河鉄道999』にも登場する“ブラックホール”の撮影に成功したというニュースが先日話題となったが「これからはもっとリアルに描ける。現実が実際のものを見せてくれているので、これから頑張らないといけない」と意気込み。「永遠の青春ですから。『999』は青春で、これが『1000』になると大人になってしまう。そうした思いを、私は心の中にずっと持っていたので『999』にしたんです」とタイトルに込めた思いを明かしていた。

 2018年に上演し好評を博した舞台『銀河鉄道999 〜GALAXY OPERA〜』のその後を描く。主人公・星野鉄郎とメーテルの別れ、そして、メーテルとクイーン・エメラルダの母である鉄郎最大の敵・プロメシュームとの戦いを軸に、松本零士氏監修の元、オリジナルストーリーとして映画版とは異なる展開が繰り広げられる。

 囲み取材にはそのほか、中川晃教凰稀かなめ前山剛久矢沢洋子、木下晴香、美山加恋、お宮の松、松下由樹平方元基も出席。東京公演は、きょう20日から29日まで行われる。

関連写真

  • 松本零士氏 (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台『銀河鉄道999 さよならメーテル〜僕の永遠』主演の中川晃教(星野鉄郎役)
  • 鉄郎の最大の敵プロメシュームを演じる松下由樹
  • t(前列左から)平方元基、凰稀かなめ、松本零士氏、中川晃教、松下由樹(後列左から)お宮の松、美山加恋、木下晴香、前山剛久。矢沢洋子

オリコントピックス