• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 水道橋博士、復帰後初公の場 「食っちゃ寝」で10キロ増

水道橋博士、復帰後初公の場 「食っちゃ寝」で10キロ増

 昨年11月から体調不良のため芸能活動を休養していたお笑いコンビ・浅草キッド水道橋博士(56)が11日、東京・水道橋のGallery AaMoで行われた展覧会『櫛野展正のアウトサイド・ジャパン展』のプレス内覧会に出席。復帰後、初めて公の場に姿をみせた博士は「もう大丈夫です。食っちゃ寝、食っちゃ寝で太っちゃいましたよ」と笑顔。テレビ番組で「体重が10キロ増えた」とも明かしていた。

【写真】その他の写真を見る


 同展は、アウトサイダー・キュレーターの櫛野展正氏の著書『アウトサイド・ジャパン 日本のアウトサイダー・アート』を刊行を記念して開催し、一般的に美術の教育を受けていない人々の創作のことを指す「アウトサイダー・アート」にスポットを当てる。同書に登場する注目のアーティストによる作品を中心に、「ヤンキー文化」や「シルバーアート(老人アート)」などの芸術作品が並ぶ。あす12日から5月19日まで開催。

 「芸能界のアウトサイダーです」とあいさつした博士は、櫛野氏の解説を受けながらギャラリーウォークに参加。独創的な作品に触れ「普通の美術展と違って、面白い。(休養中に創作活動を)すればよかったですね」と刺激を受けている様子だった。

 主催者の櫛野氏は「いま、美術自体がつまらなくなってるかなと。高い絵を観たり、珍スポットとして小馬鹿にしたり。その中間の存在がなかった」。しかし、70人を超えるアーティストが参加した同展のオープンを直前に控え「徐々に『素人の方が作る作品も面白い』と認知されるようになってきた」と手応えをにじませていた。

関連写真

  • 10キロ増を明かした水道橋博士 (C)ORICON NewS inc.
  • 展覧会『櫛野展正のアウトサイド・ジャパン展』のプレス内覧会に出席した(左から)水道橋博士、櫛野展正氏 (C)ORICON NewS inc.
  • 展覧会『櫛野展正のアウトサイド・ジャパン展』のプレス内覧会に出席した水道橋博士 (C)ORICON NewS inc.
  • ギャラリーウォークの模様=展覧会『櫛野展正のアウトサイド・ジャパン展』のプレス内覧会 (C)ORICON NewS inc.
  • 展覧会『櫛野展正のアウトサイド・ジャパン展』のプレス内覧会に出席した櫛野展正氏 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス

 を検索