アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 堀ちえみ、外泊許可で一時帰宅 愛犬との笑顔の写真添え報告「短い間でしたが楽しいひとときを」

堀ちえみ、外泊許可で一時帰宅 愛犬との笑顔の写真添え報告「短い間でしたが楽しいひとときを」

 ステージ4の口腔がんで先月22日に手術を受け、入院中のタレント・堀ちえみ(52)が17日、自身のブログを更新。外泊許可をもらい、自宅へ戻ったことを報告し「ほんの短い間でしたが、家族みんなで楽しいひとときを過ごせて、いいリフレッシュになりましたね」と思いをつづった。

 「昨日はとても素晴らしい一日でした」という堀は、いつものように家族の様子伝えながら、きのう16日に、自身が出演するMBSの『ちちんぷいぷい』のプロデューサーや山中真アナウンサーがお見舞いに来たことを明かし「ぷいぷいのスタッフ・共演者の方々・アナウンサーの方々からの、お手紙なども持って来てくだり、ありがとうございました」と感謝。

 続けて「昨日はそれだけでも、とても幸せな一日だったのですが。外泊許可を先生に頂きました」といい「『退院した後の生活を今からイメージできるよう一度外泊をしてみるのもいいですね』という事になりました。何も準備をせずに退院して、いろいろ不自由や戸惑いを感じるよりも、入院中に実際に少し生活して考えてみて、退院までにクリア出来るといいかなと」と記し、自宅に戻ったことを報告した。

 「久しぶりの自宅。我が家だ。でも何故か懐かしいとは思えませんでした」という堀。「私自身が生まれ変わったからか、うちの中も新鮮な感じがしました。なんとも言えない不思議な感じですね」と胸中を明かし、愛犬「みき」と「ちか」との写真を添え「会いたかったよ」とつづった。

 その後も、夫が作った食事を紹介し「みんなで話をしていると笑いっぱなしで、免疫が上がりそうです(笑)」と喜びながら「ほんの短い間でしたが、家族みんなで楽しいひとときを過ごせて、いいリフレッシュになりましたね。それに主人と一緒に眠れたので、熟睡も出来ました! 退院まで後少し。その後の生活が大事なので、焦らずゆっくりと準備を整えたいですね」とブログを結んだ。

 堀は先月19日にステージ4の口腔がん(左舌扁平上皮がん)を公表。同22日に行われた手術では頸部リンパ節を取り、舌の6割を切除して再建手術も行うなど、オペは11時間にも及んだ。今月9日のブログでは手術で「がんは全て取りきれた」と伝え病理検査の結果を報告している。



オリコントピックス

役立つ!使える!おすすめ情報満載♪ 春の新生活「応援」特集 2019