アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 霜降り粗品、R-1はネタ直前変更でV M-1優勝で得た余裕「賢くなれたのはM-1のおかげ」

霜降り粗品、R-1はネタ直前変更でV M-1優勝で得た余裕「賢くなれたのはM-1のおかげ」

 毎年恒例の“ひとり芸日本一”を決める『R-1ぐらんぷり2019』決勝戦が東京・台場のフジテレビで10日、行われた。優勝したのはお笑いコンビ・霜降り明星粗品(26)。最年少&史上初のM-1グランプリとの2冠達成など記録ずくめの栄冠となった。高校1年生のとき、アマチュアとして初出場から足掛け10年。悲願の優勝を果たした粗品に大会直後にORICON NEWSがインタビューを行い、優勝の要因を聞いた。

【写真】その他の写真を見る


 粗品のR-1初出場は2009年。高校1年生のときだった。優勝時と同じフリップネタだったが「遊びで出た」そう。結果は1回戦で敗退だった。2013年にせいやと霜降り明星を結成するまではピン芸人として活動していたこともあり、R-1には並々ならぬ思いが詰まっている。

 初出場からの10年を振り返ってもらうと「この10年はクソでしたね。我ながら。全然ダメでした」とはっきり言い切った。昨年こそ決勝まで進んだが、11年、13〜17年と6大会も準決勝で涙を飲んだ。「R-1にムカついてました。納得いかへん。なんでオレが負けんねんって、ずっと思ってました」。決勝前のインタビューでは「あなたにとって『R-1ぐらんぷり』は?」と聞かれ「復讐の大会ですね」とも話していた。

 そんな中、昨年は少しだけ変えたところがったそうで決勝進出。「R-1のせいじゃないのかも」と考えにも弾力が出た。さらにM-1グランプリで優勝した経験も大きな役割を果たした。「心の余裕みたいなのがあって緊張しなかった。大舞台を経験して晴れやか気持ちでネタをしたのがノーミスに繋がったのかな」。

 今年はファイナルステージで直前の出番だったセルタイトスパの大須賀がネタをしている最中に舞台袖でネタを変更する胆力も身に着けた。「生放送のネタ番組に順応してきた。上手になったと自分でも思います」。それを感じていたそうで、この日も多めにフリップを用意したという。「多めに持ってきて、途中に楽屋に取りに行ったりしました。1本目、終わって、ほかの人のウケを見て『これはウケへんな』というネタを抜いて、別のネタを入れました」。

 具体的には○×クイズのネタを入れたそう。「僕の中で、どのフリップをやるかは横並びでした。8割ぐらい決まってて、残りのパーツは、どれでもいいなという感じ」と裏打ちされた実力に柔軟性が加わった。「それができる芸風で、その辺りがかしこくなれたのはM-1のおかげですかね」。

 一方、最年少や史上初の2冠など記録ずくめとVとなったが「僕より若い人が、この大会を取ってほしいと思う。僕がいつまでも最年少でなく、もっと若い世代がもっと面白いネタを引っさげて優勝して『抜かれた』というのを期待したい」と早くも王者の貫禄を見せていた。

 ネタはどんどんブラッシュアップしたが、高校時代からのネタもある。「ぐりとグラフ」「崖」などで「フリップの集大成」と位置づける。「高校生のときにアマチュアで準決勝まで行って、お笑い向いているちゃうかなと思って始めるきっかけがR-1ぐらんぷり」と大会について語り「『R-1ぐらんぷり』は『M-1グランプリ』とは、また違って燃えていた。最高の気分です」。芸歴は8年だが、10年分の思いが詰まった優勝で格別の喜びを感じていた。



関連写真

  • 『R-1ぐらんぷり2019』優勝した要因を明かした霜降り明星・粗品 (C)ORICON NewS inc.
  • 『R-1ぐらんぷり2019』優勝して2冠ポーズをする霜降り明星・粗品 (C)ORICON NewS inc.
  • 『R-1ぐらんぷり2019』優勝は霜降り明星・粗品 (C)ORICON NewS inc.
  • 『R-1ぐらんぷり2019』優勝は霜降り明星・粗品 (C)ORICON NewS inc.
  • 『R-1ぐらんぷり2019』優勝は霜降り明星・粗品 (C)ORICON NewS inc.
  • 『R-1ぐらんぷり』のロゴタイトル(C)カンテレ

オリコントピックス

役立つ!使える!おすすめ情報満載♪ 春の新生活「応援」特集 2019