アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 梅宮アンナ、家族の病気と向き合い「共々協力」 父・辰夫のがん手術と母の「膠原病」明かす

梅宮アンナ、家族の病気と向き合い「共々協力」 父・辰夫のがん手術と母の「膠原病」明かす

 タレントの梅宮アンナ(46)が7日、自身のブログを更新し、父で俳優の梅宮辰夫(80)の2度のがん手術と母・クラウディアさんの「膠原病」、そして、娘・モモカさんが検査入院していたことを報告した。

 「両親が年老いてゆく姿を見るのはやはり、子供として辛いものがありますね」と胸中を吐露したアンナは「改めて振り返りたいと思って。父、梅宮辰夫は、去年9月に、前立腺、そして今年に入り1月24日に、左腎盂尿管がんの手術を行いました」と報告し、父・辰夫の“がん歴史”を紹介。

 胃カメラ、大腸検査、内視鏡検査など、定期的な検査は欠かさず行い、検査の度、小さな腫瘍が見つかるが「毎回早期発見になるので、大事には至らずに済みます。それ以来30年近くこのような方法で、身を守ってきまして」と明かした。

 その後、2016年には、胃がん、十二指腸乳頭部がんを発見。「初の外科手術になり、11時間に及ぶ大手術でした。あの時は、さすがに、手術室の前で父を送り出す姿が、きっと私が見る最期の光景なんだと、自分に言い聞かせてもいました」と振り返った。

 今年1月24日の尿管がん手術では「腎臓をひとつ摘出しまして。80歳で、人工透析に入りました」と明かしたアンナだが、続けて、母・クラウディアさんについても「膠原病になりました」と告白。「飲んでいる薬も強く、骨が弱くなり骨盤周りの骨が、脆くなり、骨折を致しました。母もずっと入院しておりました」と記した。

 「夫婦揃って隣同士に入院でした。今は、だいぶ回復をして、、少しずつ歩ける様になって」と現状を説明しつつも、追い打ちをかけるようにアンナの娘・モモカさんが検査入院したことを伝え「私以外みんな車椅子でした」とつづった。

 最後は「これから家族の病気と向き合っていきますが、出来る事、出来ない事を明確にしながら家族共々協力をしていこうと思います」と決意し「このSNSを、通して、似たような状況の方々に少しでも勇気を与える事が出来たら幸いです。そして、色々教えてくださる皆様に感謝しております。。毎回命を助けてくださる、、先生方、いつも、いつも本当にありがとうございます」と感謝の言葉でブログを結んだ。



オリコントピックス

役立つ!使える!おすすめ情報満載♪ 春の新生活「応援」特集 2019