アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 竹中直人、十返舎一九役で『やじ×きた』出演 相棒はモルモット

竹中直人、十返舎一九役で『やじ×きた』出演 相棒はモルモット

 俳優の竹中直人が、BSテレ東・土曜ドラマ9『やじ×きた 元祖・東海道中膝栗毛』(4月6日スタート、毎週土曜 後9:00、全12話)に、原作者でもある作家・十返舎一九役で出演することが明らかになった。ペットであり相棒のモルモット・大福とともに弥次喜多コンビの奇妙な旅を追いかけて、面白いエピソードを執筆していく。

【写真】その他の写真を見る


 原案は“弥次さん喜多さん”で知られる、江戸時代最大のベストセラー小説『東海道中膝栗毛』。元役者のお調子者・“喜多さん”こと喜多八を演じるのは和田正人、芸術家気取りのエロおやじ・“弥次さん”こと弥次郎兵衛を演じるのは松尾諭、ドラマの案内役を瀧川鯉斗が務める。

 ひょんなことから女と女房に捨てられ、江戸に居場所がなくなった喜多さんと弥次さんは、東海道を西へ「お伊勢参り」にかこつけた”自分探し”の旅に出る。2人は小田原、箱根、三島、府中…大井川を越え浜松宿と、東海道の有名宿場で騒動に巻き込まれる。この騒動の火種を撒いているのが、密かに2人をつけて旅をする十返舎一九。作者の十返舎一九が劇中に出てくる本作は、『東海道中膝栗毛』の誕生を描く物語でもある、という仕掛けだ。

 毎回1話完結で、毎話旅先の“いい女”が女性ゲストとして登場。弥次喜多コンビは女性の気をひくために、公儀隠密になったり、お化けになったり、フンドシを被ったり。今回はオリジナルにある“破天荒な味わい”をかなり忠実に再現。恋あり、涙あり、笑いあり、コスプレあり、そして活劇あり。旅と友情の相棒 (ブロマンス)時代劇。※ブロマンス(Bromance)=「兄弟(brother)」と「ロマンス(romance)」の合成語。男同士のあつい友情の意味。

 竹中は、共演する和田と松尾の“人間性”について「弥次喜多を演じる和田さんも松尾さんも嫌な人間性を持った人ではなく、よくこの世を生きて来られたなぁと思うほど変な方々で安心しました。おふたりのお芝居を見ているだけで“滑稽”という言葉がしっくりくる感じです」と、不安なし。

 十返舎一九については「実存する作家の役を演じることはとても楽しい事です。十返舎一九は人間に対して愛のある意地悪さとユーモアを持ち活写する、機知に富んだ天才だったと思います」と、コメント。本作では、モルモット・大福と“コンビ”を組んだが、「撮影現場での大福はまるで調教されたようにこちらの言うことをよく聞いてくれて、大福の撮影で手間取る事が一切なく、とてもありがたかったです。一体何を感じながら現場にいてくれたんだろう…大福の小さな瞳と手足を思い出すと今もせつなくなります」と話していた。



関連写真

  • BSテレ東・土曜ドラマ9『やじ×きた 元祖・東海道中膝栗毛』(4月6日スタート)で十返舎一九を演じる竹中直人(右)。左手で抱えているのが相棒のモルモット・大福(C)BSテレ東
  • 十返舎一九が『東海道中膝栗毛』を生み出す物語でもある(C)BSテレ東
  • モルモットの大福(C)BSテレ東
  • BSテレ東・土曜ドラマ9『やじ×きた 元祖・東海道中膝栗毛』(4月6日スタート)案内人の瀧川鯉斗(C)BSテレ東

オリコントピックス

役立つ!使える!おすすめ情報満載♪ 春の新生活「応援」特集 2019