アニメ&ゲーム カテゴリ

マガジンの問題作『いじめるヤバイ奴』いじめテーマで連載直後に苦情「宣伝すると通報…」

 マガジンの公式漫画アプリ『マガポケ』(講談社)で連載中の『いじめるヤバイ奴』コミックス第1巻が8日、発売された。

【写真】その他の写真を見る


 同作は、学校内での壮絶なイジメを描いた物語。クラスに君臨する「いじめっ子」の仲島の標的になった女の子・白咲は、教室内で締められて水も飲めないという、壮絶ないじめにあっていた。取り憑かれたようにいじめる仲島だが、実は、白咲の命令によっていじめをさせられていた。うまくいじめが実行できないと、生死に関わる罰を白咲から受けることになる仲島が、いじめの被害者としても描かれている。

 編集部によると、連載がスタートした直後に苦情が寄せられたそうで「連載が始まったときや、話題になったときは、本編の画像付きで作品についてつぶくようにしています。『いじめるヤバイ奴』も同じようにつぶやいたのですが、すぐに苦情がきてしまいました」と、第1話の画像を載せたところアカウントがBANになりかけ「宣伝すると通報される」と説明。

 「1巻発売に向けてガンガン告知をしたい…、だけどどのページもヤバすぎて出せない…。WEBで連載している作品なのに、WEBで宣伝しにくい…。ただ酷い作品ではなく、読めばきっと伝わるので、とても困っています」ともどかしい気持ちを明かした。

 作者・中村なん氏は「連載始めてからというもの、過激で狂った設定に周りから『お前頭おかしくなった?』と問われるようになり友人が減りました。そんな漫画です。僕自身はヤバイ奴ではありません」と呼びかけた。

関連写真

  • 『いじめるヤバイ奴』コミックス第1巻 (C)中村なん / 講談社
  • 苦情が寄せられた第1話の1ページ (C)中村なん / 講談社

オリコントピックス

 を検索