アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 音楽
  • マルシアが10年ぶりの新曲発表 作家陣に宮沢和史&スカパラ谷中敦の豪華タッグ

マルシアが10年ぶりの新曲発表 作家陣に宮沢和史&スカパラ谷中敦の豪華タッグ

 今年デビュー30周年を迎えたマルシアが、自身にとって10年ぶりとなる新曲(タイトル未定)を発表することが決まった。作曲は、マルシアが歌手活動を再開するきっかけを与えてくれた“恩人”と慕う元THE BOOM宮沢和史、作詞は2016年のリオオリンピックの際に現地で開催されたコンサートでコラボレーションし、意気投合した東京スカパラダイスオーケストラ谷中敦という超豪華タッグとなる。

 新曲は「生きる喜びと感謝」がテーマとなっており、宮沢の描くメロディーに“日本とブラジルという2つの国のアイデンティティをもって生きてきたマルシアの人生を谷中が歌詞にして、日本人と世界との関係性が変わろうとしている今、新たな元号の日本のテーマソングにもなり得る楽曲に仕上がっている。

 この新曲を初披露するのは、2月19日にビルボードライブ東京で開催する『マルシアDebut 30th Anniversary KickOff Live〜私はどうしてここに?〜』。マルシアの30年の活動の中で所縁のあるゲスト陣を迎え「歌手マルシア」と「ミュージカル女優マルシア」の、それぞれの側面から選曲した様々なジャンルの名曲を披露する。「新しい時代の歌謡曲、世界に通じるスタンダードナンバーを歌い続ける」という決意を込めて、未来へ向けてキックオフする31年目のスタートライブとなる。

 ライブの「1st stage」には、歌手としてターニングポイントとなる場面で出会い共演した、由紀さおり、作曲家・猪俣公章氏のもとで修業に励んだ姉弟子の坂本冬美、そして東京スカパラダイスオーケストラ(ホーンセクションメンバー)、「2nd stage」には、ミュージカルで互いにリスペクトし合う城田優東啓介、またア・カペラJAZZのBROAD6などを迎える。

 マルシアは「私の歌に対する想い、日本への想い、ブラジルへの想い、日系社会への想いなど、30周年を迎えた今、胸にあふれる想いの全てをそのまま歌にして頂きました。これから私は、この歌の羽を伸ばし、日本全国へ、そして海を越えた場所へも羽ばたき、この想いをこの歌とともに届けていきたいと思います」とコメント。

 宮沢は「マルシアが微笑むだけでその場が明るくなり、マルシアが歌い出せばそこにいる皆が踊り出したくなります。ブラジルに生まれ日本を愛するマルシアが“自分らしさを素直に表現できる曲”を目指して作曲しました」。

 谷中は「マルシアさんとは2016年オリンピックで盛り上がっていたリオデジャネイロでご一緒させて貰いました。そこでのマルシアさんのオーラ、堂々と歌い切る姿、本当に素晴らしかったです。そして今回の詩の依頼を頂き、ブラジルから日本へ渡ってきての長年の活躍、そしてこれから彼女はどこへ向かうのか?と、色々想いをめぐらせながら書かせてもらいました」と明かしている。



関連写真

  • 10年ぶりに新曲を発表するマルシア
  • 作曲を担当するの宮沢和史
  • 作詞を担当する谷中敦

オリコントピックス