アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • キャシー中島、ハワイのうんちく熱弁 キルトは代々続く物で「まねると災いが起きる」

キャシー中島、ハワイのうんちく熱弁 キルトは代々続く物で「まねると災いが起きる」

 タレントのキャシー中島と息子で手芸家の勝野洋輔が8日、都内で行われたDeAGOSTINI隔週刊『キャシーといっしょに ハワイアンキルト』創刊記念トークイベントに出席した。

【写真】その他の写真を見る


 同誌は毎号ついてくるキットを使って、ハワイアンな作品を作っていくソーイングシリーズ。気楽に始められる雑貨から、一生もののインテリアカバーまで作ることができる。

 ハワイ生まれでパッチワーク作家として、ハワイアンキルトの作品を制作している中島。ハワイアンキルトは文字通り、ハワイの植物や果物などをモチーフに色んな柄があり、同キットで作れるインテリアカバーの柄について「モンステラは大きな葉っぱで、モンスターのように大きいので“モンステラ”という名前」というと、息子の勝野が「そうなの!?」と驚き。

 続けてパイナップル柄を指さして「ハワイで『あなたは、パイナップルみたいね』といわれたら、『甘いけど、トゲがあるわね』という意味」と説明。勝野から「今、その話作ったでしょ!」とツッコミが入ると「いや、本当の話!」と漫才のようなテンポで会話する姿に会場は笑いに包まれた。

 ハワイアンキルトの思い出について中島は「おばあちゃんたちが細々と楽しんで、代々家族に伝えていったもの。昔はハワイアンキルトの(柄)パターンは、その家に伝わっているもので、それをまねして作ると災いが起こるといわれていた。そのほかにも、やってはいけないルールがあった」と驚かせつつ「私がハワイアンキルトを作るようになった時は、『みんなで楽しもう!』という雰囲気、流行の波がきていた。それでも、作っている人は少なかったですねー」と振り返った。



関連写真

  • ハワイのうんちくを語った(左から)キャシー中島、勝野洋輔 (C)ORICON NewS inc.
  • DeAGOSTINI隔週刊『キャシーといっしょに ハワイアンキルト』創刊記念トークイベントに出席した(左から)キャシー中島、勝野洋輔 (C)ORICON NewS inc.
  • DeAGOSTINI隔週刊『キャシーといっしょに ハワイアンキルト』創刊記念トークイベントに出席したキャシー中島 (C)ORICON NewS inc.
  • DeAGOSTINI隔週刊『キャシーといっしょに ハワイアンキルト』創刊記念トークイベントに出席した勝野洋輔 (C)ORICON NewS inc.
  • DeAGOSTINI隔週刊『キャシーといっしょに ハワイアンキルト』創刊記念トークイベントに出席した勝野洋輔 (C)ORICON NewS inc.
  • DeAGOSTINI隔週刊『キャシーといっしょに ハワイアンキルト』創刊記念トークイベントに出席したキャシー中島 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス