アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 和牛、関西で初冠レギュラーに喜び「こんな光栄なことはない」 中高生の青春を応援

和牛、関西で初冠レギュラーに喜び「こんな光栄なことはない」 中高生の青春を応援

 お笑いコンビ・和牛の関西初となる冠レギュラー番組『和牛のギュウギュウ学園(仮)』(カンテレ 毎週火曜 深0:55)が、29日からスタートする。それに先駆けて、きょう8日放送の『和牛のギュウギュウ学園〜中高生が大集合!夢の最終オーディションSP〜』(深0:25)では、レギュラー出演する10名の中高生たちを選ぶオーディションを開催する。

【写真】その他の写真を見る


 同番組は、関西圏から、いろいろな夢や特技を持った個性豊かな中高生たちが集まって、人気実力派コンビの和牛と一緒に、流行しているモノについて語ったり、リアルな悩み相談に乗ったりと、学生たちとともに作り上げていく青春応援バラエティー。音楽やダンス、落語などジャンルは問わず、何かひとつでも輝くものを持った中高生をオーディション形式で選抜し、選ばれた学生たちと一つの学園を作り、授業や遠足、郊外活動などを行いながら、3ヶ月後、みんなで力を合わせた“大文化祭”の開催を最終目標とする。

 今回、番組スタッフによる一次選考を通過した、番組に出演したい41名の中高生たちがカンテレに集結し、和牛に自慢の特技を披露。学園に入学できる10名を選ぶ最終オーディションを行う。学生たちと初対面した和牛は「ギュウギュウ学園に入りたいか!?」と掛け声をし合うなどテンションMAX。その後のオーディションでは、キックボクシングが特技というギャル女子高生や、胸キュンシチュエーションの即興劇が得意という男子高校生、水田信二が「1年預からせてもらってよいですか」とその腕を認める和牛の漫才を完コピする女子高生も現れる。

 関西での初の冠レギュラーに、水田は「めちゃくちゃうれしいです! 夢のひとつやもんね。関西は自分たちの生まれ育った場所でもあり、芸人として育った場所でもあるので」としみじみ。相方の川西賢志郎も「関西でずっとお笑いをやってきて、こうやって冠をいただけて、こんな光栄なことはないです。あんな立派なセットで、本当に想いが詰まっているような気がして『ありがとうございます』という気持ちでいっぱいです」と喜んだ。

 川西は今後の展開について「僕らが成長していけば、番組も一緒に成長していけると思う。僕ら次第みたいなところもあるので、しっかりやっていきたいね。あと、学生たちのパワーはすごい! 結局学生たちにいっぱい助けてもらう部分も出てくると思う。学生たちに付いて行けるように僕らも負けないように頑張りたい。いい歳になってきて、学生たちの今っていうのをそんなに知らないところもあるので、学生たちに教えてもらいながら、勉強していけたら」と謙虚な抱負。水田は、「学生たちが『私も出たい! 僕も出たい! 参加したい!』っていう番組になればいいなと思う。本当に面白い子がいっぱいいたから、数年後に『あいつめっちゃ今売れてるな!』みたいな子が出たらうれしい」と期待を寄せた。



関連写真

  • 『和牛のギュウギュウ学園〜中高生が大集合!夢の最終オーディションSP〜』の模様(C)カンテレ
  • 『和牛のギュウギュウ学園〜中高生が大集合!夢の最終オーディションSP〜』の模様(C)カンテレ
  • 『和牛のギュウギュウ学園〜中高生が大集合!夢の最終オーディションSP〜』の模様(C)カンテレ
  • 『和牛のギュウギュウ学園〜中高生が大集合!夢の最終オーディションSP〜』の模様(C)カンテレ

オリコントピックス