アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 『Dimensionハイスクール』石井孝英ら“超次元”ポーズで対決 演技の苦労も明かす

『Dimensionハイスクール』石井孝英ら“超次元”ポーズで対決 演技の苦労も明かす

 超次元革命アニメ『Dimensionハイスクール』の先行試写会が6日、都内で行われ、主要キャストの若手声優・石井孝英大塚剛央、2.5次元ミュージカル等で活躍する俳優・財木琢磨染谷俊之が出席した。

 同作は、補習中の男子高校生たちがひょんなことから次元(=Dimension)を超えてアニメの世界に飛ばされてしまうことから始まる一風変わった学園ファンタジー。アニメの世界(2次元)と実写の世界(3次元)を行き来しながらストーリーが展開される。

 アニメパートは、キャスト本人によるモーションキャプチャーで表現。石井は「自ら動くということで体中に器具を付けるんですけど、それに15分くらいかかった。演じるのは本当に難しかったです」と苦労した撮影時を振り返った。

 その後は、作風になぞらえた“絶対に失いたくないもの”をテーマにトークを展開。石井は「声かな、仕事ができなくなっちゃうので。少しでも喉に違和感を覚えたら、絶対に病院に行って本格的な風邪になる前に治すようにしてる」とプロ意識を垣間みせ、染谷は「甥っ子が世界一、かわいい。あんなかわいい生き物は他にいない! お年玉もあげましたよ、おじさんとして良いところをみせたくて奮発しちゃいました」と答え、目尻を下げていた。

 また、作中の名フレーズをもじった企画コーナー「生きているうちに体は使え!」では、チーム対抗で“超次元ポーズバトル”に挑戦。お姫様抱っこなどを披露して、ファンを沸かせていた。MCは天津向が務めた。

関連写真

  • (左から)財木琢磨、大塚剛央、石井孝英、染谷俊之=超次元革命アニメ『Dimensionハイスクール』先行試写会 (C)ORICON NewS inc.
  • “超次元ポーズ”を決める石井孝英&染谷俊之ペア=超次元革命アニメ『Dimensionハイスクール』先行試写会 (C)ORICON NewS inc.
  • “超次元ポーズ”を決める大塚剛央&財木琢磨ペア=超次元革命アニメ『Dimensionハイスクール』先行試写会 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス