アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • マンガ
  • 『快感・フレーズ』完全新作、『Sho-Comi』で2月より連載 19年ぶりに新シリーズ描く

『快感・フレーズ』完全新作、『Sho-Comi』で2月より連載 19年ぶりに新シリーズ描く

 『快感・フレーズ』(原作:新條まゆ ・=ハート)の完全新作『ソノ声で、ソノ歌を。』が、2月5日発売の『Sho-Comi』(小学館)5号より連載されることが4日、発表された。過去のインタビューで「もう少女漫画は一生描かないと思います」と答えていた新條氏が、『快感・フレーズ』完結後、約19年ぶりに同作の新シリーズを描く。

【写真】その他の写真を見る


 新條氏からの直筆コメントと、『快感・フレーズ』の人気キャラでビジュアル系ロックバンド「Λucifer」(リュシフェル)のボーカリスト・大河内咲也が描かれた最新作のイラストも公開。「まさか、また帰ってきて連載するとは自分でもびっくりしています。新條を知っている人も知らない人も楽しんでいただけるよう、がんばります!!」と意気込んでいる。

 完全新作で新シリーズとなる『ソノ声で、ソノ歌を。』は、咲也が作品にどう関わってくるのかが見どころ。新作の制作は昨年9月に行われた新アプリゲームの発表会で明かされていたが、詳細のストーリーは追って発表される。

 『快感・フレーズ』は、1997年から2000年まで『少女コミック』(現在の『Sho-Comi』)で連載していた少女漫画で、作詞家を目指す女子高生・雪村愛音とビジュアル系ロックバンドのボーカリスト・大河内咲也の恋愛模様を描いたラブストーリー。コミックスは全17巻でシリーズ累計は1000万部突破し、99年にテレビアニメ化もされた新條氏の代表作。

 小説やゲームなど幅広くメディアミックス展開もされ、作中に登場するビジュアル系ロックバンド「Λucifer」が10〜20代の女性から人気を博し、作品中の架空のバンドが現実世界で実際のアーティストとしてメジャーデビューするなど話題に。00年の完結後、11年には、本編の番外編で新條氏描き下ろしの新作『快感・フレーズ〜リインカーネーション〜』というタイトルで携帯コミック配信などされたが、それを除くと同シリーズの連載は約19年ぶりとなる。

 新條氏は、94年『少女コミック』増刊2月号に掲載された『あなたの色に染まりたい』でデビューし、07年『Cheese!』(小学館)で連載していた『SEX=LOVE2』最終話の執筆後に、自身の公式ホームページで今まで漫画作品を掲載していた小学館を離れフリーランスの漫画家として活動することを発表。

 その後、『別冊マーガレット』(集英社)や、『月刊Asuka』(角川書店)、『りぼん』(集英社)などで作品を掲載していたが、14年3月にツイッターで「漫画家・新條まゆという名前での活動をプチリタイヤし、以降は漫画という形での作品の発表はせず、BL漫画のみを趣味として発表していく」と宣言していた。そして、『マーガレットBOOKストア!』(集英社)にて不定期で初のBL漫画『教師の純情 生徒の欲望』の掲載をはじめ、同年10月には一部電子書籍サービスの企画インタビューで「もう少女漫画は一生描かないと思います」と答えており、現在は“征城悠馬”名義で『WEBLink』にて駅伝をテーマにしたBL漫画『ロングディスタンス』を連載している。



関連写真

  • 公開された『快感・フレーズ』最新作のイラスト (C)新條まゆ/小学館
  • 新條まゆ氏の直筆メッセージ(C)新條まゆ/小学館
タグ

オリコントピックス