アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 【紅白】視聴率、後半41.5% 平成最後に大台突破

【紅白】視聴率、後半41.5% 平成最後に大台突破

 昨年大みそかの『第69回NHK紅白歌合戦』の平均世帯視聴率が2日、ビデオリサーチより発表され、関東地区では前半(後7:15〜8:55)が37.7%(前回35.8%)、後半(後9:00〜11:45)が41.5%(前回39.4%)だったことがわかった。2年ぶりの40%台で、平成最後に大台を突破した。関西地区では前半35.2%(前回33.2%)、後半40.5%(前回39.6%)。

 2020年の東京五輪に向け、16年の『第67回』から19年の『第70回』までは「夢を歌おう」をテーマにさまざまな世代の人たちの夢を「歌の力」で応援していく。司会は紅組が初挑戦となる女優の広瀬すず、白組は単独では初となる櫻井翔が担当。総合司会は昨年に続き2度目のウッチャンナンチャン・内村光良、NHKの桑子真帆アナウンサーが務めた。

 今回は、サザンオールスターズが35年ぶりにNHKホールで『紅白』の舞台に立ち、嵐による大トリ後に歌唱して盛大に締めくくった。また、米津玄師が地元・徳島からの中継で初出場&テレビ初歌唱を果たしたほか、レジェンド北島三郎が5年ぶりに「まつり」を歌うなど、平成最後にふさわしくベテランと新世代それぞれが見せ場をつくった。

 結果は、櫻井率いる白組が昨年に続き優勝。これで対戦成績は紅組31勝、白組38勝となった。

▽近年の『紅白』世帯視聴率(関東地区)
『第68回』紅組:有村架純/白組:二宮和也 前半35.8% 後半39.4%
『第67回』紅組:有村架純/白組:相葉雅紀 前半35.1% 後半40.2%
『第66回』紅組:綾瀬はるか/白組:井ノ原快彦 前半34.8%、後半39.2%
『第65回』紅組:吉高由里子/白組:嵐 前半35.1%、後半42.2%
『第64回』紅組:綾瀬はるか/白組:嵐 前半36.9%、後半44.5%



オリコントピックス