アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 【ガキ使大みそか】杉咲花、ゆりやんネタでガキ使メンバーを“口撃”

【ガキ使大みそか】杉咲花、ゆりやんネタでガキ使メンバーを“口撃”

 女優の杉咲花が、31日放送の年末恒例の日本テレビ系『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!大晦日年越しスペシャル! 絶対に笑ってはいけないトレジャーハンター24時!』(後6:30〜深0:30)に出演。熱のこもった演技で、ガキ使メンバーの笑いを誘った。

 ロバート秋山竜次とともに「尼崎歌劇団の面接の練習をしている」という設定で登場した杉咲。自由演技では「“アカデミー賞で受賞したハリウッド女優”ができる」と意を決して前に進むと、時折日本語を交えながら英語でスピーチを行う、ゆりやんレトリィバァの授賞式ネタを完全に再現した。

 杉咲の“口撃”の矛先はガキ使メンバーたちに向き「田中の私服めっちゃダサい」「方正落語の事イジってもクスリともせえへん」「遠藤ビットコインに手出して数百万損したアホのくせに」「浜田最近服の袖にご飯粒ついてる」「松本空気乾燥しているとめっちゃ機嫌悪い」など次々とチクリ。演技に入る時には、瞬時に顔つきが変わるため「スイッチの入れ方がすごい」とガキ使メンバーたちも舌を巻いていた。

 5人は新人トレジャーハンターとして「ヘイポー財団法人お豆考古学研究所」でさまざまな研修を行う。どんな事が起きても笑うのは厳禁で、数々のトラップに対して笑ってしまうと、お仕置きを執行。考古学研究所という設定で起こり得る、訓練やイベントはもちろん、移動中のバスの中で仕掛けられたネタなど、今年も濃厚な内容に仕上がった。

オリコントピックス

役立つ!使える!おすすめ情報満載♪ 春の新生活「応援」特集 2019