星野源、男性ソロ6年3ヶ月ぶり初週25万枚超え 2018年発売男性ソロ・アルバム最高売上

 シンガー・ソングライターの星野源による最新アルバム『POP VIRUS』が、前作『YELLOW DANCER』(2015年12月発売)に続き、12/31付オリコン週間アルバムランキング(集計期間:12月17日〜23日)で2作連続の1位を獲得した。また、初週売上は、自己最高の初週売上を記録した前作での13.2万枚の約2倍となる27.8万枚を売り上げ自己記録を更新した。なお、男性ソロアーティストによるアルバム初週売上25万枚超えは、2012年10/8付の山下達郎『OPUS 〜ALL TIME BEST 1975-2012〜』以来、6年3ヶ月ぶり。また2018年発売の男性ソロアルバムでは、初週売上にして最高記録となった。

 前作から3年ぶり、5作目のオリジナルアルバムとなる本作は、「恋」(TBS系ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』主題歌)、「Family Song」(日本テレビ系ドラマ『過保護のカホコ』主題歌)、「アイデア」(NHK連続テレビ小説『半分、青い。』主題歌)などのヒットシングルのほか、新録8曲を含む全14曲が収録されている。

 なお、来年2月2日より京セラドーム大阪を皮切りに、自身初となる5大ドームツアー『星野源 DOME TOUR 2019『POP VIRUS』』を全8公演で開催することが決定している。


■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、スマホ、SNS)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。

関連写真

  • 星野源のアルバム『POP VIRUS』が12/31付オリコン週間アルバムランキングで1位
  • 星野源のアルバム『POP VIRUS』

提供元:CONFIDENCE

【最新号】コンフィデンス 2019年8月26日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2019年8月26日号

<COVER STORY>
ドン・ウォズ氏(ブルーノート・レコード 代表取締役社長)
音楽というものは、「ワーク(働く)」ではなく
「プレイ(楽しんで演奏)」するもの

<SPECIAL ISSUE>
ネット発の才能がシーンを席巻
夏の“歌い手”アーティスト大研究

お問い合わせ

オリコントピックス

メニューを閉じる