アニメ&ゲーム カテゴリ

【仮面ライダーゴースト】世界の偉人たちが続々登場 「爆買い」に一喜一憂

 「平成」の元号では最終作となる『仮面ライダージオウ』まで、平成仮面ライダーシリーズとともに時代を振り返る。第17作は、平成27年=2015年10月4日から全50回放送(〜16年9月25日)された『仮面ライダーゴースト』。第1話で主人公となる天空寺タケル(西銘駿)が、18歳の誕生日に謎の怪人・眼魔に襲われ、命を落としてしまうという驚愕の展開から物語はスタートした。

 謎の空間で出会った仙人風の男の計らいで一時的に復活したタケルであったが、 完全に生き返るためには、英雄の魂が込められた15個の目玉型のアイテム「ゴースト眼魂(アイコン)」を探し出さなければならない。タケルは仮面ライダーゴーストとして襲い来る眼魔を倒しつつ、眼魂を探し始める。

 『ゴースト』では、英雄たちの魂が込められた「眼魂」によって、多彩なフォームチェンジが可能となり、剣豪・宮本武蔵の眼魂なら二刀流使い、ロビン・フッドなら弓の達人に、邪馬台国の卑弥呼の眼魂で女型のライダーに変身することもあった。ほかにも、「脱出王」と呼ばれた奇術師ハリー・フーディーニや『グリム童話』のグリム兄弟など、世界の偉人たちが登場し、子どもたちの好奇心を刺激した。そして、眼魔との戦いは、世界の行く末を左右する事態へとつながっていった。

 『ゴースト』とともに平成27年(2015年)10月から放送がはじまったアニメ『おそ松さん』が大ヒット。赤塚不二夫原作のギャグ漫画『おそ松くん』の松野家の六つ子が大人になった姿を描き、六つ子の声を人気声優が担当して人気を博した。下ネタやパロディ、ブラックジョークで暴走する一方、さまざまな企業や自治体とのコラボレーションも盛んに行い、アニメを超えた存在に。平成29年(2017年)にアニメ第2期、2019年3月には初の映画も公開される。

 12月には、初のディズニー製作による『スター・ウォーズ フォースの覚醒』が公開に。ジョージ・ルーカスが作った1本の映画から始まる壮大なスペースオペラの名作『スター・ウォーズ』(第1作は1977年=昭和52年)。『フォースの覚醒』は、平成17年(2005年)公開の『エピソード3/シスの復讐』以来、10年ぶりの新作で、『エピソード6/ジェダイの帰還』(1983年)の約30年後を描いた続編。全世界で20億ドルを超す大ヒット、日本でも100億円を超える興行収入をあげた。平成29年12月に『最後のジェダイ』が公開され、2019年冬に『エピソード9(仮題)』が公開される予定。

 平成28年(2016年)4月には、熊本地震が発生。熊本城天守閣も大きな被害を受けた。また、中国人観光客などが大量に商品を購入する「爆買い」に日本経済が一喜一憂した年でもあり、平成27年の新語・流行語の年間大賞に選ばれた。2020年東京オリンピック・パラリンピックを控え、中国人に限らず、訪日外国人観光客による「インバウンド消費」が注目されていく。

オリコントピックス

 を検索