渡辺美優紀、4月に初アルバム「少し成長した私を感じて」 つんく♂、水野良樹が楽曲提供

 9月に2年ぶりにステージ復帰した元NMB48渡辺美優紀(25)が、来年4月3日にワーナー・ミュージックジャパンの新レーベル「etichetta」(エチケッタ)からソロ初アルバム『17%』をリリースすることが決定した。2016年8月にNMB48を卒業後、初のCD作品となる。

 “みるきー”の愛称で親しまれる渡辺は、2014年12月に『AKB48じゃんけん大会』優勝のご褒美としてシングル「やさしくするよりキスをして」でソロデビューしているが、アルバムリリースは初。音楽プロデューサー・つんく♂が作詞・作曲を手がけた「WINTER LOVE〜私のYeah Yeah〜」や「夕暮れセンチメンタル」、いきものがかり水野良樹が作曲を担当した「りんご麗し 実りの季節」など全12曲を収録予定。ソロアーティストとしての“みるきー”の魅力が詰まった作品となっている。

 渡辺は「9月の初ソロライブ以来、私にとって初めてのアルバムを皆さんのもとにお届けできることになりとてもうれしいです。いつも応援してくださるみなさんのおかげです。ありがとうございます」と喜び、「今年は語学留学やダンス留学したりと、いろいろなことを勉強した1年で、少し成長した私を感じていただけるといいなぁと思っています。4月まで、楽しみに待っていてください」と呼びかけている。

 本作は初回限定盤(CD+DVD)、通常盤(CD)、FC限定盤(CD+Blu-ray+みるきーオリジナル香水)の3形態。FC限定盤のBlu-rayと初回限定盤のDVDには、自身の25歳誕生日の9月19日にZepp Tokyoで行われた『1st LIVE TOUR 2018 〜Milky Landだよね〜』のライブ映像全13曲に加え、舞台裏に密着したドキュメントを収録予定。FC限定盤のみ本人によるコメンタリーも収録される。

 また、完全限定生産商品のFC限定盤には、ボトルの選定から香り、デザイン、ネーミングまで本人が監修したオリジナル香水、その名も「Miyukiss」(30ml)が同梱される。予約は渡辺美優紀ファンクラブ会員サイトできょう22日午後6時から受付開始され、予定数に達し次第終了となる。

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索