アニメ&ゲーム カテゴリ

『ジモトがジャパン』ジャンプ異例の連載3ヶ月でTVアニメ化 連載20作中16作がアニメ化

 『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載中の都道府県を扱ったご当地ギャグ漫画『ジモトがジャパン』のテレビアニメ化が決定し、来年4月から放送されることが22日、千葉・幕張メッセで開催中の『ジャンプフェスタ2019』内の同誌のブースで発表された。9月15日より同誌で連載がスタートし、3ヶ月でテレビアニメ化が決まるのは“ジャンプ史上最速!?”との声もあるが、担当者によると「テレビアニメ化前提に連載された漫画もあり、『ジャンプ』最速とはいい切れないが、漫画連載が始まり短期間でテレビアニメ化が決まったのは異例の速さ」と明かした。これにより、同誌で連載中の20作品のうち、テレビアニメが放送&放送予定の作品は16作品となった。

【写真】その他の写真を見る


 同作は、故郷・山形から大都会・東京へとやってきた安孫子時生(あびこ・ときお)の前に転校早々、“都道府拳マスター”を自称する謎の同級生で主人公の日ノ本ジャパン(ひのもと・じゃぱん)が現れる。47都道府県すべてを愛し、自ら全国の土地土地で編み出した47の秘伝の拳・都道府拳を操り、各地のご当地ネタを元に、ギャグを炸裂するストーリー。

 10月には作品内に広告枠を設けて実際の企業や団体から掲出する「地元にまつわる広告」を無料で募集するなど話題に。地元を盛り上げたい地元企業・地方自治体に向けた企画で、各地域の町おこしや特産品、飲食店や宿泊施設、ご当地イベントの告知など「ジモト」を応援する内容の広告であれば何でも可能という施策もする地元密着な作品となっている。

 作者の林聖二氏は「ありがとうアニメ化! おそらく全地元で一番驚いているのは僕でしょう! ジャパンの地元愛をアニメでも見逃すなー!!」と喜びのコメントを寄せた。

 林氏は、山口県出身で2014年『ヒデ』で第81回赤塚賞佳作を受賞。15年に『土俵に咲く薔薇』が『少年ジャンプNEXT!! 2015 vol.3』に掲載され、デビュー。16年『週刊少年ジャンプ』本誌に掲載された読切『地球人間テラちゃん』が好評を博し、『少年ジャンプ+』で全7話の連載に。18年に都道府県を扱ったご当地ギャグ『ジモトがジャパン』の連載をスタートさせた。

■主な『週刊少年ジャンプ』作品で連載からテレビアニメが放送されるまでの期間
『ONE PIECE』:1997年7月連載、1999年10月放送(約2年2ヶ月)
『HUNTER×HUNTER』:1998年3月連載、1999年10月放送(約1年5ヶ月)
『僕のヒーローアカデミア』:2014年7月連載、2016年4月放送(約1年9ヶ月)
『Dr.STONE』:2017年3月連載、2019年7月放送予定(約2年4ヶ月)

関連写真

  • 漫画『ジモトがジャパン』コミックス1巻書影 (C)林聖二/集英社
  • 漫画『ジモトがジャパン』主人公の日ノ本ジャパン (C)林聖二/集英社

オリコントピックス

 を検索