アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 音楽
  • THE YELLOW MONKEY、ドラマ主題歌決定 19年ぶりオリジナルアルバムに収録

THE YELLOW MONKEY、ドラマ主題歌決定 19年ぶりオリジナルアルバムに収録

 THE YELLOW MONKEYの新曲「I don’t know」が、来年1月10日よりスタートするテレビ朝日系木曜ミステリー『刑事ゼロ』(毎週木曜 後8:00※初回2時間スペシャル)の主題歌に決まったことが発表された。テレビ朝日のドラマ主題歌は今回が初めて。楽曲はTHE YELLOW MONKEY にとって19年ぶり、9枚目のオリジナルアルバム『9999』(読み方:フォーナイン)に収録される。

 ドラマは、刑事としての常識、捜査テクニックを積み上げてきたベテラン刑事が、20年間の記憶を失い、刑事として全くの“ゼロ状態”になってしまった主人公・時矢暦彦が、研ぎ澄まされた五感や洞察力で、思いもよらないアプローチから難事件を解決していくストーリー。確かな演技力でシリアスからコメディーまで変幻自在にこなす俳優の沢村一樹が主演する。

 主題歌に決まった楽曲も「記憶」がテーマ。ドラマの横地郁英ゼネラルプロデューサー(テレビ朝日)から「イントロが印象的で、ミステリアスでシニカルな曲」のオーダーを受け、THE YELLOW MONKEYの吉井和哉は「『忘れてはいけないこと』『忘れるから生きていけること』『人間の出会いと別れ』の意味するものや『生命力』。それはずっとこのバンドが表現してきた世界観でもあります。人生を重ねれば重ねるほど、軽くなっていくことや、重くなっていくことの対比を描きたいと思いました」と、曲に込めた思いを語っている。

 出来上がった曲を聴いて、横地氏も「イメージをはるかに超えるカッコいい主題歌をいただきました。記憶がない主人公・時矢に通ずる歌詞、秘密を抱えた雰囲気漂うメロディーは、このドラマのクライマックスを必ず盛り上げてくれると思います!」と、大満足。

 沢村も「20年の記憶を失うという災難を吹き飛ばすように前に進む主人公の、前向きな足取りを代弁するような軽やかなリズムにワクワクしながらも、しっかりとその重みを感じさせてくれる素晴らしい楽曲を提供していただきました。新年に相応しいドラマを、THE YELLOW MONKEYさんとともに盛り上げ、皆さんに提供できることをうれしく思います」と感謝をことばを寄せている。

 来年4月17日発売の新アルバムは、バンドとして初となる米ロサンゼルスでのレコーディングを敢行。初回生産限定盤にはスペシャル映像が収録される。来年4月からは全国アリーナツアー『THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2019』をスタートさせる。オフィシャルファンクラブ『BELIEVER.』では、チケット最速先行受付がきょう19日より開始となった。



オリコントピックス