アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 元貴乃花親方“50歳差”瀬戸内寂聴氏と初対談で心機一転「改めて頑張ろうと…」

元貴乃花親方“50歳差”瀬戸内寂聴氏と初対談で心機一転「改めて頑張ろうと…」

 大相撲・元貴乃花親方の花田光司氏(46)が、来年1月2日放送の日本テレビ系バラエティー特番『新春しゃべくり007 4時間半SP』(後6:30〜10:54)に出演。9月には親方引退、10月には元フジテレビアナウンサー・河野景子さん(54)との離婚を発表するなど、公私ともに人生の大きな転機を迎えていることを受け、僧侶で作家の瀬戸内寂聴氏(96)のもとを訪れる。

 12月某日、京都・嵐山にある「寂庵」へと向かった花田氏は、寂聴氏との初対面を前に「静寂に包まれたような感じで…。私の人生に役立つことをお教え願おうかなと思います」との思いを告白。念願の対面を果たすと、寂聴氏が「苦労なさいましたね。つらかったね」とやさしく言葉をかけ、花田氏も「いつの時代も激動でやってきたような感じでしたので」と語った。

 寂聴氏から「かわいそうでしたね、本当に。もったいないね」と向けられると「もったいない、というよりは好きだったものがひとつ失われた感じで。ただ自分なりに、それはここいらで一旦身を引いてというところもありますので」と吐露。寂聴氏は「『もう、ひとりになりたい!』という気持ちがよくわかります。ひとりがイイ!」と背中を押した。

 人生の大先輩から強力なエールに、花田氏も「本当にそうですね。さみしい時もあるんですけど、ひとりだと落ち着いて物事を考えられるといいますか…。ちょうど私、15歳で入門しまして、15年力士生活やりまして、15年親方やって、今年16年目で引退しましたので、15年間というのが何かひと区切りの人生観があります」と力説。「新しい故郷見つけに…。仕事も」と意気込むと、寂聴氏が「まだね! 私96歳でこんなに元気ですからね。これからは好きなことしなさい。自分の好きなことだけしなさい」と呼びかけた。

 こうした近況にまつわる話に始まり、その後は「世間やメディアからのバッシング」「離婚問題」「最愛の娘」「理想の恋愛」「来年の運勢」「これからの生き方」など多岐にわたってトークを展開。台本なしのぶっつけ本番で行われた対談は1時間以上におよび、花田氏も「まさかお会いできる方だと思っていなかったです。すべてにおいて卒業と引退かなと独り立ちした時に、寂聴さんにお会いでき、これからどうやって楽しい人生を歩んでいけるか、改めて頑張ろうと思いました」と充実感をにじませた。

 一方の寂聴氏も「ご苦労されたけど、明るくて安心しました。子どものようなかわいい笑顔をお持ちで、テレビで見る“眉間にしわを寄せた難しいお顔”はもうやめなさいとお伝えしました。2019年、貴乃花さんは本当にとっても良い運を持っておられます。また、ぜひ寂庵にいらっしゃい!」とラブコールを送っていた。



オリコントピックス

役立つ!使える!おすすめ情報満載♪ 春の新生活「応援」特集 2019