アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • マンガ
  • 漫画『ゲームセンターあらし』復活 eスポーツを題材に『コロコロアニキ』で新作掲載

漫画『ゲームセンターあらし』復活 eスポーツを題材に『コロコロアニキ』で新作掲載

 『コロコロコミック』(小学館)で1979年から83年まで連載していた漫画『ゲームセンターあらし』の新作が、15日発売の『コロコロアニキ』2019年冬号に掲載された。「プロゲーマー編」と題して主人公の石野あらしがeスポーツを舞台に大活躍する。

【写真】その他の写真を見る


 同作は、テレビゲームの攻略を題材とした少年漫画で、ゲームセンターが日本中で大ブームを巻き起こした80年代に連載され、主人公・石野あらしがインベーダーゲームなどで個性的な敵と闘うという、現在のeスポーツの先駆けともいえる作品。テレビアニメ化もされ、あらしの必殺技“炎のコマ”や“真空ハリケーン撃ち”は子どもたちの間で流行した。

 今回掲載されるのはテレビゲームの攻略ではなく、“プロゲーマー編”と題してeスポーツを題材に40ページの新作漫画。作者・すがやみつる氏の作画で、あらしが大活躍する。

 また、同誌ではあらし復活を記念して、トレードマークともいえる“インベーダーキャップ”を初めて完全再現した応募者全員サービスを実施。すがや氏と編集部が監修し、タイトーから許諾を得た公式版で、レッドとブラックの2種類から選べる。

 きょう15日から放送される同誌のテレビCMのナレーションを、アニメで石野あらしを演じた間嶋里美が担当し、新作漫画&キャップ応募者全員サービスの2大企画を盛り上げる。

関連写真

  • 『ゲームセンターあらし』の新作が掲載された『コロコロアニキ』2019年冬号 (C)小学館
  • 応募者全員サービスの“インベーダーキャップ”(C)小学館

オリコントピックス