アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • キティに続き、ぐでたまもYouTuberデビュー キャラビジネスに変化

キティに続き、ぐでたまもYouTuberデビュー キャラビジネスに変化

 サンリオの人気キャラクターである、ぐでたまが本日VTuberとして活動を開始した。ハローキティのハローキティに続き2体目のYouTuberデビューとなる。

 ぐでたまはデビュー5周年を記念して、YouTuberで公式チャンネル『GUDETAMA / ぐでたま【Sanrio Official】』を本日12月6日からスタートした。最初の動画は、番組予告編動画をアップしている。今後は12月14日に第1話として『ぐでたまダンスを踊ってみた』を配信予定。サンリオの偉い人の指示で、やる気なくCtuber(キャラクターのYouTuber)になった「ぐでたま」と、「ニセたまさん」。特にやりたいこともないぐでたまに、「ニセたまさん」がファンからのリクエストに応えることを提案していくという。

 ぐでたまは、2013年にサンリオが開催した、食べ物をテーマにした新キャラクターの一般人気投票企画『食べキャラ総選挙』から誕生(第2位)。2014年にはTBS系朝の情報番組「あさチャン!」でショートアニメの放送がスタートし、人気となる。
 
 サンリオでは、今年8月31日にハローキティがYouTuberとしてデビューしており、ぐでたまが続く形となった。キティもぐでたまも「CTuber」(キャラクターのユーチューバー)を名乗っており。キャラクターの人気を活用した新たなコンテンツ展開を行う。

 また、今年はキャラクターのコンテンツ化が目立った。最近では、『タイムボカン』シリーズ、のヤッターマン2号こと「カミナリアイ」が、10月にYouTuberデビューし、同シリーズの「ボヤッキー」もまさかのイケメン化でYouTubeの「ヤッターマンチャンネル」にてコンテンツ配信を行っている。また、人気ゆるキャラの「くまモン」が『くまモンTV』、ガチャピンが『ガチャピンちゃんねる』でYouTuber化。さらに、「ちぃたん」のようにYouTubeで人気に火が付いたキャラクターも出現している。キャラクターの人気や個性を多次元で展開していく、IPビジネス化が盛り上がっている。



関連写真

  • 『GUDETAMA / ぐでたま【Sanrio Official】』 S/D・G (C)2013,2018 SANRIO CO.,LTD. TOKYO,JAPAN (H) (C)2018 monstersegg
  • 「ニセたまさん」がファンからのリクエストに応えることを提案 S/D・G (C)2013,2018 SANRIO CO.,LTD. TOKYO,JAPAN (H) (C)2018 monstersegg
  • 12月14日に第1話として『ぐでたまダンスを踊ってみた』を配信予定 S/D・G (C)2013,2018 SANRIO CO.,LTD. TOKYO,JAPAN (H) (C)2018 monstersegg

オリコントピックス