アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 小泉進次郎氏、こんにゃくに驚き「黒いツブツブは海藻」 農業&水産業“女性現場”の現状熱弁

小泉進次郎氏、こんにゃくに驚き「黒いツブツブは海藻」 農業&水産業“女性現場”の現状熱弁

 自民党の小泉進次郎氏が1日、都内で行われた『WOMAN EXPO TOKYO 2018 Winter』内のトークイベントに出席。農林水産業における女性の活躍や新たなマーケット開拓の可能性について、農業女子と漁業女子とともに登壇し「全国でピンクの軽トラが走っている」「こんにゃくの黒いツブツブは海藻」など現場や業界について熱弁した。

【写真】その他の写真を見る


 同イベントは、女性が活躍できる環境づくりを応援するプロジェクトの一環で2014年から開催しているもの。厚生労働部会長を務めている小泉氏だが、農林部会長時代に「農業女子プロジェクト」という女性農業者が、日々の知恵を企業の技術・ノウハウ・アイデアなどと結びつけて、新たな商品やサービスを作り社会に広く発信していくことに尽力してきた。

 活動の例として「農業の現場は(道具など)男性仕様で、重くてデザインも魅力的じゃない。そこで農業女子のみなさんから農業機会メーカーの人に意見を聞いて『どんな物が必要なのか』と。それで生まれたのが、女性でも軽くて扱いやすい草刈り機」とスクリーンを使って説明。

 さらに「ヒット作だと思っているのは、ピンクの軽トラックが誕生したんです。車メーカーのダイハツさんにもプロジェクトに入ってもらった。白い軽トラックがいっぱい走っているでしょ? でも農業女子のみなさんは『かわいいのが乗りたい』と。『ピンクの軽トラがほしい』という希望に応えてくださり、今では全国でピンクの軽トラが走っています」と興奮気味。

 漁業分野でも同様なプロジェクトをしており「ピンクの軽トラや草刈り機、トラクターが生まれたように、女性が水産現場で求めている商品開発を含めてメーカーの方々とできることがないかということで立ち上がりました」と伝え「いずれピンクの軽トラかピンクの漁船か、わかりませんが、そういった物が次々と現場で出てきて女性にとって働きやすい魅力的な現場に生まれ変わってくれることを期待しています」と笑いを誘った。

 この日は『農業女子プロジェクト』のメンバーで「こんにゃく工房 迦しょう」代表の遠藤春奈さんも登壇。小泉氏はこんにゃくで驚いたことがあったそうで、「みなさん、こんにゃくの黒いブツブツあるでしょ。あれは何だと思いますか? 海藻なんですよ!」と伝えると、会場はこの日一番の盛り上がりで、子どもからも「えっ!」と驚きの声があがると「いい反応だね!」と満足げ。

 「なぜかと聞いたら、みなさんの中におでんのこんにゃくは、ああいうデザインと印象づいているから。本当は真っ白なこんにゃくなのに、黒いツブツブがないと『こんにゃくじゃない』と思われてしまうから海藻を入れている。黒いツブツブが求められているから、あえて入れているんです!」と熱弁した。



関連写真

  • 『WOMAN EXPO TOKYO 2018 Winter』内のトークイベントに出席した小泉進次郎氏 (C)ORICON NewS inc.
  • 白いこんにゃくに驚く小泉進次郎氏
  • 『WOMAN EXPO TOKYO 2018 Winter』内のトークイベントに出席した小泉進次郎氏 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス