アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 花田優一、両親・元貴乃花親方&河野景子さんの“卒婚”に無言「人格者になれるように日々修行」

花田優一、両親・元貴乃花親方&河野景子さんの“卒婚”に無言「人格者になれるように日々修行」

 大相撲・元貴乃花親方の花田光司氏(46)と元フジテレビアナウンサー・河野景子さん(54)の長男で靴職人・タレントの花田優一(23)が28日、『第15回ベストデビュタント賞』のファッション部門を受賞し、28日、都内のホテルで行われた授与式に出席。フォトセッション時に「ご両親の離婚について一言」「連絡は取りましたか」など質問が飛んだが全く無言。報道陣の方を見ることもなく、降壇した。

【写真】その他の写真を見る


 光司氏と河野さんは先月25日に“離婚=卒婚”したことが、今月26日に発覚。27日にテレビ出演した光司氏は卒婚の経緯について聞かれると「まぁ、お互い結婚を卒業しようということで、2人で決めました」と話していた。一部では、2人の離婚は優一のタレント活動をめぐる意見のすれ違いが一因と報じられているが、本人は離婚についてコメントすることはなかった。

 この日は両親の離婚発表後、初の公の場とあって優一が登場すると多くのフラッシュが光った。27日のブログでは「スーパーヒーローのように憧れた父 いつも太陽でいた母 2018年の今日、笑顔溢れる、変わらない毎日!」と記し「靴づくり、自分は修行」ともつづっていた。

 スピーチで優一は「自分は本職は靴。日々の葛藤、喜び、幸せ、悲しみの全てを作品に残していくのが自分の勝手に決めた義務だと思っています。靴の修行以前に人間として人格者になれるように日々、人生、修行していかなければと思います」受賞の思いを語った。

 ベストデビュタント賞は若手育成プログラムの一環として若手クリエイターを応援する趣旨のもと、日本メンズファッション協会が2004年に設立したアワード。今年で15回目を迎え、デビューしたクリエイターの中から、将来を期待される人を選出する。選考基準は1.世界に通用するポテンシャリティを有していること、2.独自性、創造性において、類をみない才能を持っている人、3.ソフト立国日本に向けて今後大きな活躍が望まれていること、4.次なる世代に向けて夢と希望を与えるスター性を持っていること、となっている。

 優一のほか、ファッション部門を半澤慶樹、音楽部門を内藤希花、空間・インテリアデザイン部門を高栄智史が受賞した。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」



関連写真

  • 両親の“卒婚”に無言を貫いた花田優一 (C)ORICON NewS inc.
  • 『第15回ベストデビュタント賞』のファッション部門を受賞した花田優一 (C)ORICON NewS inc.
  • 『第15回ベストデビュタント賞』のファッション部門を受賞した花田優一 (C)ORICON NewS inc.
  • 『第15回ベストデビュタント賞』のファッション部門を受賞した花田優一 (C)ORICON NewS inc.
  • 『第15回ベストデビュタント賞』のファッション部門を受賞した花田優一 (C)ORICON NewS inc.
  • 『第15回ベストデビュタント賞』のファッション部門を受賞した花田優一 (C)ORICON NewS inc.
  • 『第15回ベストデビュタント賞』のファッション部門を受賞した花田優一 (C)ORICON NewS inc.
  • 『第15回ベストデビュタント賞』授賞式の模様 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス