アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 音楽
  • 野宮真貴、22年ぶり『MUSIC FAIR』出演決定 50’s衣装の乃木坂46とコラボ

野宮真貴、22年ぶり『MUSIC FAIR』出演決定 50’s衣装の乃木坂46とコラボ

 歌手・野宮真貴が、17日放送のフジテレビ系音楽番組『MUSIC FAIR』(毎週土曜 後6:00)に出演することが明らかになった。1996年1月14日の放送でピチカート・ファイヴとして出演して以来、22年10ヶ月ぶりとなる。

 ピチカート・ファイヴの3代目ボーカルで“渋谷系の女王”として知られる野宮は、ピチカートの代表曲で渋谷系の代名詞ともいえる「東京は夜の七時」(1993年発売)の新バージョンを披露。50’s(フィフティーズ)をイメージした衣装を着た白石麻衣西野七瀬齋藤飛鳥など乃木坂46のメンバーと共演を果たした。

 新バージョンはリリース25周年を記念し、ピチカート・ファイヴのオリジナルメンバー小西康陽が新たにプロデュース。野宮のベスト盤『野宮真貴 渋谷系ソングブック』(10月31日発売)に収録されている。

 番組ではほかに、大黒摩季「LOVE MUSCLE」、西川貴教「Roll The Dice」、絢香「あいことば」、乃木坂46「帰り道は遠回りしたくなる」が放送される。



関連写真

  • 野宮真貴×乃木坂46が『MUSIC FAIR』で新「東京は夜の七時」を披露
  • “渋谷系の女王”として知られる野宮真貴

オリコントピックス