アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 海外渡航の大島優子、帰国後初公の場で笑顔「気合を入れてやっていきたい」

海外渡航の大島優子、帰国後初公の場で笑顔「気合を入れてやっていきたい」

 元AKB48で女優の大島優子(30)が8日、都内で行われたスマホシミュレーションRPG『ファントムオブキル』新テレビCM発表会に出席。昨年7月に海外へ渡航すると所属事務所を通してコメントを出していたが、それ以降初となる公の場で「楽しかったです。たくさん集まっていただいて、本当にうれしいです。久しぶりにカメラを向けられてドキッとしましたけど、フラッシュを浴びてキュッとしました」と笑顔を振りまいた。

【写真】その他の写真を見る


 帰国までの生活を振り返り「いろんな人生チャレンジで、アメリカの方で海外生活をさせていただきまして、いろんな経験もさせていただいて、ファンのみなさんの前に戻って来られたことをうれしく思います。感謝の気持ちでいっぱいだなと、改めて帰ってきてから思いました」としみじみ。アメリカでの生活については「ロードトリップしました。車の免許をとって、自分で運転して、10日かけて縦横断してみました」と打ち明けた。

 イベントへの出演も1年ぶりとなったが「撮影がすごくサクサク進んで、この間撮ったばっかりなので、この短期間で(CMが)この短期間でどう仕上がったのか楽しみです」とにっこり。自身が出演する新CMが放映されると「ゲームの中に私が入ったような世界観でしたね。(最後のカットは)監督にも『もっとかわいく』と言われたのですが、かわいさというのをとうに忘れていたので、大変でした」と笑わせた。

 同ゲームのプロデューサーである今泉潤氏が「このゲームを4年も続けていると、国民的な方に出ていただけるんだ」とかみしめるように語っていると、首を横に振りながら「全然、国民的じゃないですから」と笑顔で否定。「AKB48を卒業してから4年が経つので、このゲームも4周年ということで、監督からは『その歳月を感じながら歩いてください』と言われたので、そこは注目してもらいたいです」と呼びかけた。

 同ゲームに登場するキャラクターのパネルに注目して「私、あれが着たいです」と熱望するも、今泉氏から「(露出が多いので)事務所的に大丈夫ですか?」と心配されると「本人OKでも、事務所がうるさいかもしれないですね」とニヤリ。女優として心がけていることを聞かれると「普段から私生活でも演技するようにしていますね…。大嘘です」と軽快なトークは健在で、会場を沸かせた。

 今後の目標を聞かれると「プライベートでは、ゆっくり心地いい生活、毎日楽しく笑って過ごしたいなと。お仕事の方では、自分の気持ちに気合を入れてやっていきたいです」と意気込み。「まだ、本格的にお芝居を始めていないので、どんな風にみなさんにお見せできるのかは不安と期待でいっぱいです」と率直な胸の内を明かしていた。

 大島は、昨年7月2日に仙台で行ったファンイベントで、海外に渡航することを示唆した。所属事務所はORICON NEWSの取材に「本人が海外へ行きたいという夢があり、30歳を迎える前のタイミングで行かせていただくことになった」とし、時期や行き先などについては「プライベートは本人に任せているので、詳細は控えさせていただきます」との回答を寄せていた。

 大島が出演する新CMは、あす9日より放映される。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」



関連写真

  • 帰国後初公の場となった大島優子 (C)ORICON NewS inc.
  • アメリカでの思い出を語った (C)ORICON NewS inc.
  • 帰国後初公の場となった大島優子 (C)ORICON NewS inc.
  • 『ファントムオブキル』新テレビCM発表会に出席した大島優子 (C)ORICON NewS inc.
  • 『ファントムオブキル』新テレビCM発表会に出席した大島優子 (C)ORICON NewS inc.
  • 『ファントムオブキル』新テレビCM発表会に出席した大島優子 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス