アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 西野朗氏、監督業復帰へ意欲「ぜひ来年はグリーンのピッチに」

西野朗氏、監督業復帰へ意欲「ぜひ来年はグリーンのピッチに」

 サッカー前日本代表監督の西野朗氏が、オーラルケア会社シャリオンが選ぶ『BEST SHINIST AWARD 2018』を受賞し、7日に都内で行われた授賞式に出席した。

【写真】その他の写真を見る


 同賞は、さまざまな分野で活躍し、オシャレも、生き方も、「歯」も最も輝いた人物に贈られる。西野氏は「たいへん、場違いな場に来ております…」と苦笑いしながらも白い歯を見せ「初めは1番シャイな人に贈られる人なのかなぁって思った」とジョークを交え、笑いも誘った。

 日本代表をベスト16に導いたロシアW杯期間中の“輝いた瞬間”を振り返ったが、「たぶんコロンビア戦の1試合しか笑ってられなかった。あとは苦虫を噛み潰したような顔をしていた」と回想。「監督になって26年。自分が輝いたというより、輝かせてもらった。選手、ファン、サポーターに輝かせてもらった。ただ、これからは目標を持って、自分で輝けるように考えていきたい」とも語った。

 また、来年の1字を求められると「親父が習字の先生」という腕前で、「蹴」としたためた。その真意について西野氏は「W杯以降、ほとんどピッチの上に立っていない。まだ、全く無所属。サッカーに携わっているとは言えない。ぜひ、来年はグリーンのピッチに。どんな選手でも一緒になってチーム作りをしたい」と監督業復帰に意欲的だった。ただ「来年、そういうかたち(監督)になればいいなとは思っていますけど、なかなかそうポジションが空いてくるとうことはない。チャンスがあるようでない」と監督就任は容易ではないという認識。最後は「準備はしっかりしておきたい」と前を見据えていた。

 囲み取材では今年の1字を聞かれ「後悔の『悔』。達成しきれなかったことが残っているので」とW杯で満足いく成績を残せなかったことを自責の念を口にした。一方で現在の日本代表については「全部、フルで(試合を)見ていないので正確には評価できない」としつつも「結果を出していますし、内容も日本人選手が持っているらしさが存分に出ている。今までW杯はベスト16に8年刻みに進出している。次は必ず4年後にベスト8と感じさせるゲームをやっている。期待できる」と森保一監督にエールを送っていた。

 そのほか、タレントの足立梨花鈴木奈々も受賞し、出席した。



関連写真

  • 監督業への意欲を語った西野朗氏 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)足立梨花、西野朗氏、鈴木奈々 (C)ORICON NewS inc.
  • 「来年の一字」を書いて披露した(左から)足立梨花、西野朗氏、鈴木奈々 (C)ORICON NewS inc.
  • 西野朗氏 (C)ORICON NewS inc.
  • 『BEST SHINIST AWARD 2018』授賞式 に出席した足立梨花 (C)ORICON NewS inc.
  • 『BEST SHINIST AWARD 2018』授賞式 に出席した鈴木奈々 (C)ORICON NewS inc.
  • 『BEST SHINIST AWARD 2018』授賞式 に出席した足立梨花 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)足立梨花、西野朗氏、鈴木奈々=『BEST SHINIST AWARD 2018』授賞式 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)足立梨花、西野朗氏、鈴木奈々=『BEST SHINIST AWARD 2018』授賞式 (C)ORICON NewS inc.
  • 『BEST SHINIST AWARD 2018』授賞式 に出席した鈴木奈々 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス