アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 小倉智昭、膀胱がんで全摘手術へ「根治を目指す」 『とくダネ!』で生報告

小倉智昭、膀胱がんで全摘手術へ「根治を目指す」 『とくダネ!』で生報告

 フジテレビ系情報番組『とくダネ!』(月〜金 前8:00)のメインキャスターを務める小倉智昭(71)が5日、番組終盤に今週いっぱい休養することを報告するとともに、膀胱がんによる膀胱全摘手術をすることを明かした。

 「膀胱がんの再発を調べるための検査入院」という、一部スポーツ紙の報道を否定しつつ、改めて「膀胱がんがあります」と伝えた小倉。「ずっと前からあるんです。2年半前に内視鏡の手術をして膀胱がんをとりました。でも、浸潤がんと言いまして、筋肉層まで入って質の悪いがんがあったので、その辺は取れなかったんですね」と説明した。

 続けて「当時からお医者さまには全摘しないと、完治できませんよと言われておりました」と明かし「ただ、どうしても僕は膀胱を温存したくて、さまざまな免疫療法とか、そのほかいろんな治療をしてきて、幸い今のところ、転移はありません。泌尿器科の先生には『奇跡にしか思えない』と言われております」と話した。

 しかし、今夏に激しい出血をし、夏休みは入院していたという。さらに、10月には20日間ほど膀胱炎を併発。出血が止まらない苦労をし、頻尿などもあって「ハラハラしながら仕事をしてました」と明かした。

 「そこで、ついにお医者様に言われた結論。全摘をしなくてはいけないのかなと。膀胱がんを根治させるためには、とにかく全摘出をしてくださいと言われているので、全摘することになりました」と報告した。

 「ただ、膀胱に変わるもの、ストマ(人工肛門)を体の外につけるのか、代用膀胱をつけるのか、それを先生が厳しくチェックをしたいということなので、今週いっぱいお休みをいただきます」といい「そして、11月下旬頃に本格的に手術をして根治を目指すことになります。その際は、長期の休みをいただくことになります」と伝えた。

 小倉は2016年5月13日に同番組内で初期の膀胱がんを公表。手術のため1週間休養し、5月23日に番組に復帰した。



オリコントピックス