アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 『BKラジオドラマ脚本賞』 最優秀賞に山本雅嗣さん『幻タクシー』

『BKラジオドラマ脚本賞』 最優秀賞に山本雅嗣さん『幻タクシー』

 NHK大阪放送局(BK)は1日、同局主催の『2018年度 第39回BKラジオドラマ脚本賞』を発表し、最優秀賞に大阪府泉大津市の会社員・山本雅嗣さん(57)の『幻タクシー』を選出。19歳から80歳まで、95篇の応募が寄せられた中、厳正な審査を経て見事に最優秀賞に輝いた。

【写真】その他の写真を見る


 1980年から始まった同脚本賞の歴代受賞者の中からは、BK制作の連続テレビ小説『ええにょぼ』を担当した東多江子氏、『芋たこなんきん』の長川千佳子氏をはじめ、『ゲゲゲの女房』『八重の桜』の山本むつみ氏など、テレビやラジオで活躍している多くの作家が誕生。次代を担う新人作家の登竜門となっている。

 今回、最優秀賞に選ばれた山本さんは「今年、1月締め切りの『創作ラジオドラマ大賞』に応募しまして、一次審査も通らないという状況でした。すごくくやしい思いをしまして、一生懸命に書いたのが今回の作品です」と回顧。「深夜タクシーにある女性が乗ってきて始まるストーリーで、主人公の男と実の父親とのわだかまりがあって、今までありがとうといえなかったことを最後にありがとうと言えるようになるまでを書きました」と紹介した。

 作品を書く動機についても触れ「自分の家庭をダブる部分があり、私も父親を亡くしてちゃんとお礼を言えなかったという思いが心の中にありましたので、そういう気持ちを表現したいと思いました。選んでいただきありがとうございます」と感謝の思いを伝えた。

 そのほか、佳作には渡辺由佳さん(39)の『ロックなミシンで起こして』、滝本祥生さん(46)の『太秦ムービースター』が選出された。最優秀賞の『幻タクシー』は、50分のラジオドラマ『FMシアター』として制作し、NHK-FMで全国放送される予定。



関連写真

  • 『2018年度 第39回BKラジオドラマ脚本賞』が発表 最優秀賞に山本雅嗣さんの『幻タクシー』
  • 『2018年度 第39回BKラジオドラマ脚本賞』が発表 最優秀賞に山本雅嗣さんの『幻タクシー』
タグ

オリコントピックス