アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 江波杏子さんが肺気腫のため死去 76歳 「女賭博師」シリーズで大映の看板女優に

江波杏子さんが肺気腫のため死去 76歳 「女賭博師」シリーズで大映の看板女優に

 女優の江波杏子さんが、肺気腫(慢性閉塞性肺疾患)の急性増悪のため、先月27日午後9時6分に亡くなったことがわかった。76歳だった。所属事務所のアルファエージェンシーが公式サイトで2日に発表した。故人の遺志に従い、密葬後に報告された。

 サイトでは「去る10月27日(土)21時6分江波杏子が急逝致しました。26日(金)に体調不良(呼吸の状態が悪化)を訴え、14時に都内の病院に緊急入院致しましたが、回復することなく翌27日(土)夜に息をひきとりました」と説明。「あまりに突然の出来事に言葉もありません」と事務所も驚くほどの急な知らせとなった。

 肺気腫は長年患っていたが「日常生活には差し障りなく女優業に励んでおりました」とし、「10月22日(月)まで、NHKのラジオドラマの収録をしておりましたし、11月以降から来年にかけて、いくつかのドラマのオファーにもお引き受けすべく、私共スタッフとミーティングも重ねておりました」と江波さんが来年以降も活動する予定だったと明かした。

 今後の放送予定も紹介し「江波杏子は私たちに別れを告げましたが、数々の映画、ドラマの中に生き続けています。皆様のお心の裡、記憶の中にも生き続けてくださることを祈っております」と故人を偲んだ。

 江波さんは1942年10月15日生まれ、東京都出身。59年大映に入社、60年『おとうと』で映画デビュー。66年の初主演作『女の賭場』が大ヒットとなり、以後67年から「女賭博師」シリーズ17本が作られるほどの大映の看板スターとなった。近年はドラマ『ごくせん』や朝ドラ『カーネーション』『べっぴんさん』などに出演し、今年も映画『娼年』やドラマ『限界団地』に出演していた。



オリコントピックス