アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • ハロウィンに興じた“渋谷集結組”の面々

ハロウィンに興じた“渋谷集結組”の面々

 ポリス、囚人、メイド、アニメキャラなどなどさまざまな衣装を身にまとい、メイクを施した若者たちがハロウィン当日となる10月31日、東京・渋谷に集結した。ORICON NEWSでは、そんなハロウィン・コスプレイヤーの姿を取材してきた。

【写真】その他の写真を見る


 「人生初の渋ハロ(渋谷ハロウィン)を楽しんでみたかった」と語るのはヤマンバギャルに扮した10代の女子2人組。90年代のギャルブームをけん引した“ヤマンバ”に扮するために、自身の母親から情報を取り入れ、ハロウィン・コスプレを楽しんでいた。アイメイクを何重にも重ね、小道具の“ガラケー”も仕込んでくるなどこだわりを見せていた。

 そんなギャルを独自に進化させた女性2人組は“最先端のギャル”と題して全身にイルミネーションを巻き付けて、周囲の注目を一身に集めていた。「カラーがこだわり」と語るように、顔いろを青色と赤色のファンデーションで装飾し、未来感を演出して見せていた。「学生最後の思い出」と“キョンシー”の衣装でやってきた20代3人組。来年は社会人となってしまうので、自由気ままな学生気分を存分に渋谷で楽しみたいと意気込んでいた。

 海外から渋谷ハロウィンを楽しみにやってきた面々も多く見られた。アニメ“ポプテピピック”のセーラー服姿で喧騒の中、多くの人たちと写真を撮り合っていたのはアルゼンチンからやってきた男女カップル。しっかりとした背格好にセーラー服と青いカツラというアンバランスさ満点のアルゼンチン男性に街行く人たちが写真を一緒に撮ろうと長蛇の列を作っていた。“ゾンビプリズナー”に扮したフランス人の女性2人組は「日本でハロウィンを楽しむのは初めて! 楽しい!」と語った。ハロウィンの本家ともいえるアメリカからやってきた男女カップルは、「魔女の宅急便」の“キキ”の格好で楽しんでいたが、日本のハロウィンの状況を見て「クレイジー」と叫んでいた。

 イベントの主催者がいる訳でもなく、誰も申し合わせた訳でもないのに、自然発生的に渋谷に集まった面々。今年のハロウィンは特にトラブルが際立った感があったが、訪れた人たちは一様に「思い出作りをしたい」と語っていた。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」



関連写真

  • 渋谷ハロウィンにやってきたクレオパトラとミイラ (C)ORICON NewS inc.
  • テーマは「最先端のギャル」 (C)ORICON NewS inc.
  • アニメ「ポプテピピック」に扮したアルゼンチンカップル (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス