アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 音楽
  • 嵐、ラグビーW杯中継イメージソング担当 櫻井翔ラップ書き下ろし「選手へ想いを重ねて…」

嵐、ラグビーW杯中継イメージソング担当 櫻井翔ラップ書き下ろし「選手へ想いを重ねて…」

 人気アイドルグループ・の新曲「BRAVE」が、来年9月20日に日本で開幕する『ラグビーワールドカップ2019』を地上波中継する日本テレビの番組イメージソングに起用されることがわかった。11月3日に放送される『リポビタンDチャレンジカップ2018 日本代表対ニュージーランド代表』中継(後2:30)で、同曲が初披露される。

 ラグビーワールドカップスペシャルサポーターを務める櫻井翔は「2018年。平昌五輪、高校野球甲子園100回記念大会に続き、ラグビーW杯という世界的な大会を彩るお手伝いができること。日本代表はもとより、オールブラックス、ワラビーズなども日本に集う大会に、楽曲という形で参加できることを、とても光栄に思っております」と喜びのコメント。

 同曲の魅力については「嵐のsingleとしては珍しく、荒々しくて男くさい楽曲となっております。singleの表題曲のRap詞は2016年の『Daylight』以来、2年ぶりに書きました」と力説。「スクラムを組む際の掛け声をイメージしたりと、力強く闘う全ての選手へ想いを重ねて書いたつもりです。ラグビーファンに愛される楽曲となっていったら、この上なく幸せです」とアピールしている。

 同局スポーツ局の渡辺卓郎プロデューサーは「一生に一度の大会にふさわしく『嵐』という日本を代表するトップアーティストにイメージソングをご提供いただき、スタッフ一同大変喜んでいます。今回、この楽曲は特別に書き下ろしていただきました。ラグビーという男らしい世界観を前面に出しながら、和のテイストが入り、さらに櫻井さん自らラップの書き下ろしをしていただいています」と紹介。「この楽曲がラグビー全体を後押し、ラグビーが日本の文化へと昇華していくことの大きな後押しとなることを確信しています」と太鼓判を押している。



オリコントピックス