• ホーム
  • 芸能
  • TUBE前田亘輝、“平成後”のグループ活動語る「エンディングを目指していく」

TUBE前田亘輝、“平成後”のグループ活動語る「エンディングを目指していく」

 ロックバンド・TUBE前田亘輝(53)が6日、都内で行われた『東京モーターフェス2018』内のトークイベントに登場。ラジオDJのピストン西沢氏とともに“平成”を振り返っていく中で、元号が変わった来年以降のグループ活動について「昭和、平成、そして次ということで、たぶんテーマはエンディングを目指していく時代になると思いますね」と語った。

【写真】その他の写真を見る


 前田は「終活に入っていく。なるべく、みんな一緒に死ねるように」と明るいトーンで宣言。西沢氏から生涯現役を期待されるも「歌が体に一番悪い。普段は全くで、ジムに行っても、すぐめげちゃいますから」と冗談を交えながら笑いを誘った。

 「夏といえばTUBE」の呼び声も高いが「最初の頃は大人っぽい曲をやっていました。だんだん自分たちが(そのイメージに)追いついていく感じでしたね」と回顧。「2000年くらいから暑さの質が違ってきて、気温が下がらなくなってきた。猛暑というか酷暑になってきていますよね。30年以上野外でコンサートやってきているので、その辺は一番わかりますから」と力説していた。



関連写真

  • TUBEの前田亘輝 (C)ORICON NewS inc.
  • 『東京モーターフェス2018』内のトークイベントに登場したピストン西沢氏 (C)ORICON NewS inc.
  • 『東京モーターフェス2018』内のトークイベントに登場した(左から)ピストン西沢氏、TUBEの前田亘輝 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス