• ホーム
  • 芸能
  • ビートたけし、NHKでコント番組に初挑戦 「日本コント協会」会長に就任

ビートたけし、NHKでコント番組に初挑戦 「日本コント協会」会長に就任

 お笑いタレントのビートたけしが、NHKで初のコント番組に挑戦する。かつてはテレビの中心にあったコント番組が、いま減少の一途をたどっている。そんなコント番組の灯を絶やさぬよう、11月3日(文化の日)に、総合テレビのゴールデンタイムに2時間半の大型特番『コントの日』(後7:30〜10:00※ニュース中断あり)が放送される。番組では、「日本コント協会」を勝手に発足。会長に、たけしが就任する(※現在、落語協会や漫才協会は存在するが、「コント協会」は存在していない)。

【写真】その他の写真を見る


 「コントは文化である」という思いから名付けられた「コントの日」。日本コント協会には、たけし会長以下、コントを愛する芸人や俳優たちが会員となり、この番組でしか見られない豪華な組み合わせで、コントをたっぷり届ける。

 コントのテーマは「平成」。平成最後の年にふさわしく、この30年におきた平成ならではのトピックスをネタに、すべてオリジナルの新作スペシャルコントを披露。もちろん、たけし会長も、オリジナルのコントに出演する。

 たけしは、2000年に『第51回NHK紅白歌合戦』に初出場した氷川きよしの応援でステージに駆けつけ、志村けんとチャンバラコントを披露したことはあるが、同局で本格的なコントに出演するのは初めてとなる。

 気になる「日本コント協会の会員」は、現在、ビートたけし会長が必死にかき集めている最中。どんなメンバーになるか、後日発表される。



関連写真

  • 11月3日放送、大型特番『コントの日』日本コント協会会長に就任したビートたけし(C)NHK
  • 11月3日放送、大型特番『コントの日』日本コント協会会長に就任したビートたけし(C)NHK

オリコントピックス