• ホーム
  • 芸能
  • 水樹奈々など全18組が登場、『KING SUPER LIVE 2018』が示した世代も国境も超えるアニソンのチカラ

水樹奈々など全18組が登場、『KING SUPER LIVE 2018』が示した世代も国境も超えるアニソンのチカラ

 水樹奈々宮野真守林原めぐみangelaなどの声優アーティストらが所属するキング・アミューズメント・クリエイティブ本部が主催する恒例の大型フェス『KING SUPER LIVE 2018』(キンスパ)が9月24日、東京ドームで開催され、約3万7000人を動員する盛況となった。

【写真】その他の写真を見る


■アニソンシーンで活躍の人気声優が次々登場

 オープニングを飾ったのは男女2人組ユニット、angela。ステージ前方のオープニングムービーに観客が盛り上がるなか、突然ステージ後方の幕が落ち、ライオン型フロートに乗って2人が登場。この演出で一気に会場のボルテージを上げると、まずは「Shangri-La」を熱唱。さらに「全力☆Summer!」のコール&レスポンスで会場全体の一体感をさらに高めていくと、劇場アニメーション『K SEVEN STORIES』のOP主題歌「SURVIVE!」を披露。続いて登場した上坂すみれは、今年話題をさらったTVアニメ『ポプテピピック』のOPテーマ「POP TEAM EPIC」のほか、「ヤバい○○」「Inner Urge」の3曲で、会場を“上坂ワールド”に染めた。

 その後は、ミス・モノクロームに続き、7個のバルーン型気球に乗った堀江由衣が登場。会場をゆっくりと浮遊しながら「PRESENTER」「YAHHO!!」を歌唱。スタンド席のファンとも1人ひとりゆっくりコミュニケーションを図り、盛り上げた。

 キンスパの出演アーティスト発表時、大きな話題をさらったcan/goo、約8年半ぶりの復活で話題となった4人組ユニット、Prits(桑谷夏子・望月久代・小林由美子・水樹奈々)、声優活動25周年を迎えた保志総一朗とキャリアも個性も歌声も異なる多彩なアーティストが立て続けにパフォーマンスを披露すると、次に登場したのは、今年5月にシングル「NEW WORLD」でデビューしたばかりの内田雄馬。なんとこの日が初ライブ。「キングレコードやアーティストの方々、そして応援してくださる皆さんの熱量のおかげで、東京ドームというステージで初ライブを実現させることができました!」と感謝の気持ちを伝え、新曲「Before Dawn」を爽やかに歌い上げた。

■若手からのバトンを受け、ベテラン陣がさすがのパフォーマンス

 謎のアーティストとして注目が集まっていた板垣奏太郎に続き、登場したのは、来年35周年を迎える鮎川麻弥。TVアニメ『機甲戦記ドラグナー』のOPテーマ「夢色チェイサー」、TVアニメ『重戦機エルガイム』の主題歌「風のノー・リプライ」など昭和を彩ったロボットアニメの主題歌にアニメファンたちから歓喜の声が上がる。

 これを受けるカタチで登場した高橋洋子はもちろん、平成のロボットアニメの代表格『エヴァンゲリオン』から「魂のルフラン」を、こちらは「ロンギヌスの槍」を持ちながら歌唱。ステージ上の高橋洋子の神々しささえ感じさせる佇まいに、会場中のファンが釘付けとなった。

 ベテラン2人の圧巻のパフォーマンスで会場のボルテージが最高潮へと向かおうとしていると、それを断ち切るような大きな爆発音が。そして満を持して登場したのは、林原めぐみ。「Give a reason」「サクラサク」を立て続けにパフォーマンスすると、前半戦の盛り上がりを振り返るかのように、このライブの主催であるキング・アミューズメント・クリエイティブ本部の名前も挙げながら、「10代から50代以上までが一堂に会して盛り上がれるこの場所は、まさにアミューズメントパーク」を語った。さらに、「私たちが放つ光は小さいかもしれないけど、先輩から後輩たちへの私たちが放つ光が少しずつ繋がっていて、それは世界にまで広がっています!」と力強く語り、会場を盛り上げた。

■水樹奈々と宮野真守がコラボ楽曲をライブ初披露

 いよいよライブは後半戦へ。水瀬いのりは、TVアニメ『ViVid Strike!』のEDテーマ「Starry Wish」に続き、「アイマイモコ」「Ready Steady Go!」の3曲を披露。さらに。蒼井翔太は、7メートルにも及ぶリフターの上で「零」を歌い上げると、今後は小倉唯がフロートに乗ってアリーナ外周に登場し、デビュー曲「Raise」をパフォーマンス。また、今年、33年ぶりに新曲「鳥籠の少年」をリリースした森口博子は、「ETERNAL WIND 〜ほほえみは光る風の中〜」を歌唱。ブルーのサイリウムが揺れるなか、会場は温かい空気に包まれた。

 森口がデビュー曲を振り返りながら「33年前に生まれてた人はどのくらいいますか?」と会場に問いかけると、その反応が思いのほか少ないことに戸惑う森口。だが、それを打ち消すかのようにデビュー曲や新曲に向けて熱い歓声を上げる観客に向かって、思わず「音楽で繋がっているのを感じるよー!」と応えたシーンも印象的だった。

 そんな温かいコミュニケーションを経て、登場したのは歌手デビュー10周年を迎えた宮野真守。1曲目の「EXCITING!」から、すでに4時間近く盛り上がり続けている会場のボルテージをさらに上げると、TVアニメ『うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEレジェンドスター』主題歌「テンペスト」を披露。さらに、「記念すべき年に記念すべきステージに立てることを嬉しく思います。心の限り叫ぼうぜ!」と会場を煽り、「SHOUT!」をパフォーマンス。コール&レスポンスも交えながら、観客を熱狂させた。

 本編のトリを飾ったのは水樹奈々。長いスカートのように見える7メートルのリフターの上で歌った「Pray」は、まるで年末の音楽特番かのような豪華さ。さらに、宮野真守を迎え入れ、9月26日にリリースするシングルに収録される「結界/水樹奈々 feat. 宮野真守」をライブ初披露した。この2人のコラボレーションでこの日最高の盛り上がり包まれるなか、本編最後に披露されたのは、TVアニメ『戦姫絶唱シンフォギアAXZ』OPテーマ「TESTAMENT」。ステージ前方から炎が上がるなか、水樹の全力パフォーマンスに会場が酔いしれた。

■キンスパ恒例のコラボ。最後は全員で「残酷な天使のテーゼ」を歌唱

 アンコールは同イベントではすっかり恒例となったコラボゾーン。まずはドロップスターズ(小倉唯、上坂すみれ、水瀬いのり)による「Twinkling star」、続いて鮎川麻弥、森口博子は、ガンダムシリーズの中でも人気の高い「機動戦士Zガンダム」の前期・後期OPメドレー「Z・刻をこえて」「水の星へ愛をこめて」を歌唱。3組目はangela、宮野真守、蒼井翔太、内田雄馬による「革命デュアリズム」(水樹奈々×T.M.Revolution)。さらに4曲目では、堀江由衣、水樹奈々による、TVアニメ『VS騎士ラムネ&40炎』OPテーマ「未来形アイドル」(宮村優子、氷上恭子)を披露し、盛り上げた。

 エンディングでは出演者が全員ステージに登場。それぞれが感謝を伝えていくなか、先般、キングレコード内での組織改編から、“第3クリエイティブ本部”と“スターチャイルド”の2部門が1つになり誕生した“キング・アミューズメント・クリエイティブ本部”について、angelaのKATSUが「(この組織改編は)アーティストとしても不安があったが、会社からは『これは統合でも融合でもなく、我々が次のステップへ行くための“手段”』と伝えてもらった」と舞台裏を明かし、今後控えている、『KING SUPER LIVE 2018』の台湾・上海公演への意気込みも感じさせるように、熱い想いを語った。

 最後に披露されたのは「残酷な天使のテーゼ」。高橋洋子による冒頭のソロ歌唱に続き、キャノン砲の金テープが舞うなか、熱い一夜は幕を閉じた。

 なお、台湾公演は9月30日に国立体育大学体育館(林口体育館)で、また上海公演は10月14日に、メルセデスベンツアリーナにて開催される。

◆『KING SUPER LIVE 2018』フォトギャラリー



関連写真

  • 『KING SUPER LIVE 2018』(9月24日=東京ドーム)の模様 水樹奈々?宮野真守 photo:kamiiisaka
  • 『KING SUPER LIVE 2018』(9月24日=東京ドーム)の模様 水樹奈々 photo:kamiiisaka
  • 『KING SUPER LIVE 2018』(9月24日=東京ドーム)の模様 水樹奈々?堀江由衣 photo:kamiiisaka
  • 『KING SUPER LIVE 2018』(9月24日=東京ドーム)の模様 宮野真守 photo:kamiiisaka

提供元:CONFIDENCE

【最新号】コンフィデンス 2018年10月22日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2018年10月22日号

<COVER STORY>
湯浅政明氏(アニメーション監督 サイエンスSARU 代表)
最大公約数の誰もがおもしろがれるところで
自分ができることを探りたい

<SPECIAL ISSUE>
「15th TIMM」開催、「ANiUTa」にも新たな動き
海外展開最新レポート

お問い合わせ

オリコントピックス