• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • 芸能
  • 香取慎吾、パリ・ルーブル美術館での初個展に「今、幸せがあふれています」

香取慎吾、パリ・ルーブル美術館での初個展に「今、幸せがあふれています」

 俳優の香取慎吾が現地時間18日、フランス・パリの日本文化会館で行われた海外初個展『香取慎吾 NAKAMA des ARTS』展のレセプションパーティーに出席。同19日から来月3日までパリ・ルーブル美術館のシャルル5世ホールでの個展開催を控え「ルーブルで人生初の個展を開催できることを皆さんに感謝しています。今、幸せがあふれています」と笑顔で心境を語った。

【写真】その他の写真を見る


 日本文化・芸術の祭典『ジャポニスム2018:響きあう魂』の広報大使も務める香取は、「本日はこんなにたくさんの人々がお越しいただきうれしいです。ジャポニスム2018広報大使を務められて幸せです」とあいさつ。パーティーには現地関係者やジャーナリストに加え、19日からパリ市立劇場エスパス・カルダンで『三番叟』などを公演する野村萬斎も出席した。

 さらに、稲垣吾郎と草なぎ剛もパリまで香取の応援のため駆けつけた。稲垣は「ジャポニスム2018の広報大使やルーブル美術館での個展は誇りですし、こちらも緊張しています。ルーブル美術館という場所で彼の絵を見られて感激しました」と語り、草なぎは「ジャポニスム2018の広報大使就任にあやかって僕も鼻が高くなった気分です。作品は今まで見てきましたが、ここへ来るために一つひとつの制作があったのではないか」と感想を延べた。

関連写真

  • 『香取慎吾 NAKAMA des ARTS』展のレセプションパーティー
  • 香取慎吾(中央)の応援に駆けつけた草なぎ剛(左)と稲垣吾郎
  • 『香取慎吾 NAKAMA des ARTS』展のレセプションパーティーの鏡開き
タグ

オリコントピックス

 を検索