• ホーム
  • 音楽
  • マキシマム ザ ホルモン ライブ活動一時休止を発表

マキシマム ザ ホルモン ライブ活動一時休止を発表

 4人組ロックバンド・マキシマム ザ ホルモンが、あす17日の音楽フェス『OSAKA HAZIKETEMAZARE FESTIVAL 2018』を最後に、ライブ活動を一時休止することを発表した。これにより、10月以降出演を予定していた公演は全てキャンセルとなる。活動休止の詳細は、あすの『OSAKA HAZIKETEMAZARE FESTIVAL 2018』のステージ上で発表する、としている。

 同バンドは、1998年八王子にて結成。マキシマムザ亮君(歌と6弦と弟)、ダイスケはん(キャーキャーうるさい方)、上ちゃん (4弦)、ナヲ(ドラムと女声と姉)の4人からなるロックバンド。

 日本語を独自の語感表現で操り、意味不明に見えて実は奥深いメッセージ性を持つ強烈な歌詞と、激しいラウドロックにPOPなメロディを融合させたサウンドスタイルで人気を得る。2013年リリースのアルバム『予襲復讐』はオリコンアルバムランキング3週連続1位を獲得し35万枚を超えるセールスを記録した。

 15年6月よりライブ活動を一時休止したこがあり、ナヲの妊活、出産を経て、17年5月に約2年ぶりの復活を果たした。

 国内の大型フェスに欠かせない存在となり、バンド史上初のブラジル、チリ2000人規模の単独公演のチケットを販売させるなど、海外進出も。米バンドSlipknot主催の『KNOTFEST MEXICO』では唯一の日本人バンドとしてメインステージに出演した。

■キャンセル公演
2018年10月8日(月祝) “THE GREAT SATSUMANIAN HESTIVAL2018”
2018年10月29日(月) “MAN WITH A MISSION presents Chasing the Horizon Tour 2018”松江AZTiC canova
2018年10月31日(水) “MAN WITH A MISSION presents Chasing the Horizon Tour 2018”米子コンベンションセンター
2018年11月3日(土)・4日(日))“MONGOL800 ga FESTIVAL What a Wonderful World!!18”



オリコントピックス